MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心〜トピックス〜 »  キノコの話  » 食中毒の原因となる毒キノコ テングタケ(毒)

テングタケ(毒)・イボテングタケ(毒) テングタケ科

カサの表面に白いイボがあり、ツバとツボがあるのが特徴です。

特 徴

カ サ 灰褐色〜オリーブ褐色で白色のイボをつける
ヒ ダ 白色、離生、密
上部に膜質のツバ、根元にリング状のツボがある。
発生場所 広葉樹林の地上(テングタケ)
針葉樹林の地上(イボテングタケ)
時 期 夏〜秋
胞 子 広楕円形
中毒症状 腹痛、おう吐、下痢、けいれんなど
毒成分 イボテン酸、ムッシモール、ムスカリン類など

テングタケ
テングタケ


イボが落ちていることがあり、テングタケと思わず、誤って食べて食中毒が起こることがあります。


このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ