食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホームたべもの安全情報館知って安心〜トピックス〜食中毒を起こす微生物クリプトスポリジウム

食中毒を起こす微生物
サルモネラ属菌
サルモネラ・エンテリティディス
腸炎ビブリオ
腸管出血性大腸菌
その他の下痢原性大腸菌
ウェルシュ菌
エルシニア・エンテロコリチカ
カンピロバクター・ジェジュニ/コリ
NAG(ナグ)ビブリオ等
コレラ菌
赤痢菌
チフス菌、パラチフスA菌
プレシオモナス・シゲロイデス
エロモナス・ヒドロフィラ/エロモナス・ソブリア
ビブリオ・バルニフィカス
リステリア・モノサイトゲネス
黄色ブドウ球菌
ボツリヌス菌
セレウス菌
ノロウイルス
サポウイルス
A型肝炎ウイルス
E型肝炎ウイルス
クリプトスポリジウム
サイクロスポラ

クリプトスポリジウム

特徴は

写真:クリプトスポリジウム

 クリプトスポリジウムは胞子虫類のコクシジウム目に属する寄生性原虫であり、人に感染症を引き起こす原因として知られ始めたのは1976年からです。
 人への感染事例のほとんどは、Cryptosporidium parvumによるものです。
 環境中ではオーシスト(嚢胞体)の形で存在しており、増殖することはありません。経口摂取されると、消化管内で増殖し、オーシストは糞便と共に排出されて、新たな個体への感染源となります。
 水道水等に用いられる塩素に抵抗性で、感染性を保持するといわれています。

どんな食品が原因となりますか

 家畜や哺乳動物が保虫宿主であるほか、オーシストを排出する患者が感染源となります。感染経路は、飲食物や手指を介した経口感染です。米国のボランティアによる経口投与実験では、オーシスト数10個で発症した例があります。

どんな症状ですか

 潜伏時間は2〜10日程度で、水溶性の下痢、腹痛、嘔吐、発熱が主な症状で、数日〜2週間程度で治癒します。感染しても症状が出ない場合もありますが、いずれの場合も、感染者の糞便からは、数週間オーシストの排出が続きます。
 免疫不全の方やガンの治療で免疫抑制療法を受けている場合、病気が長引き、深刻な状況になる例も報告されています。

予防のポイントを教えて下さい

  1. 症状が改善した後、或いは無症状であっても感染源となるオーシストは排泄されるので、2次感染を防止するため、十分な手洗いをすること。
  2. 飲用水は1分間以上沸騰する。氷をつくるときも、湯冷ましを使用すること。
    浄水器を使用する場合も、全ての機種が除去に有効ではなく、カートリッジに蓄積されるので使用の手引きに従って、カートリッジの交換を適宜行う等使用については注意すること。
  3. 生ものは避け、加熱調理すること。
  4. 食器も良く拭き、乾燥させること。
  5. 家族に患者がいる場合は、家族内感染を防ぐために、患者の入浴は最後にすること。
  6. 患者の糞便に汚れた下着やおむつは熱湯をかけてから洗濯すること。

参考情報

  1. 食品安全委員会ホームページ

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ