MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心〜トピックス〜 »  食中毒を起こす微生物 »  サイクロスポラ

サイクロスポラ

特徴は

写真:サイクロスポラ

 サイクロスポラは寄生性原虫であり、クリプトスポリジウム同様、環境中ではオーシスト(嚢胞体)の形で存在しています。
 塩素や薬剤、温度に対する抵抗性は不明ですが、水道水等に用いられる塩素濃度では消毒することは困難といわれています。

感染源は?

 一般に流行地では飲料水を介して感染するものと考えられていますが、外界で成熟したオーシストで汚染された水及び食物を摂取することで感染します。糞便中に排出された時点のオーシストは未成熟なため、糞便からの直接感染はありません。

どんな症状ですか

 潜伏期間は約1週間と考えられます。主症状は下痢で、腹部不快感、軽度の発熱、体重減少を伴います。

参考情報

  1. 食品安全委員会ホームページ

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ