食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホームたべもの安全情報館知って安心〜トピックス〜食中毒を起こす微生物サポウイルス

食中毒を起こす微生物
サルモネラ属菌
サルモネラ・エンテリティディス
腸炎ビブリオ
腸管出血性大腸菌
その他の下痢原性大腸菌
ウェルシュ菌
エルシニア・エンテロコリチカ
カンピロバクター・ジェジュニ/コリ
NAG(ナグ)ビブリオ等
コレラ菌
赤痢菌
チフス菌、パラチフスA菌
プレシオモナス・シゲロイデス
エロモナス・ヒドロフィラ/エロモナス・ソブリア
ビブリオ・バルニフィカス
リステリア・モノサイトゲネス
黄色ブドウ球菌
ボツリヌス菌
セレウス菌
ノロウイルス
サポウイルス
A型肝炎ウイルス
E型肝炎ウイルス
クリプトスポリジウム
サイクロスポラ

サポウイルス

 サポウイルスによる感染性胃腸炎は食中毒事例のほか、保育園、学校、福祉施設などでの集団発生につながることがありますので注意しましょう。
 サポウイルスの感染経路や、症状、予防方法等はノロウイルスと同様です。

サポウイルスってなに?

 サポウイルスはノロウイルスと同じカリシウイルス科に属するウイルスでヒトの小腸粘膜で増殖します。
 2002年、国際ウイルス命名委員会で正式に「サポウイルス」と命名されましたが、それまでは「サッポロウイルス」と呼ばれていました。
 ちなみに「サポ」とは発見された地名(札幌)に由来しています。
 今までは、小児の主として散発的な感染性胃腸炎の原因となると考えられてきましたが、近年食中毒をはじめとした集団感染事例の報告が増えてきています。

ウイルスの特徴は

写真:サポウイルス

 サポウイルスは、ノロウイルスと同様、年間を通して胃腸炎を起こします。
 感染経路は疫学的調査から、カキをはじめとした二枚貝の生食やウイルスを保有する調理従事者の関与が強く指摘されています。また、学校や保育園などで、生カキを食べていないのに集団発生する事例があり、原因として人から人への二次感染が疑われています。
 近年、新しい検査法(real-time PCR法)の開発、普及により、食中毒との関係が明らかになってきました。

どんな食品が原因となりますか

 カキをはじめとした二枚貝の生食及び加熱不足により食中毒が発生する場合があります。また、サポウイルスに感染した人や、サポウイルスを含むふん便やおう吐物を処理した後、十分に手洗いを行わずウイルスが手についたまま調理すると、食品が汚染され、その食品を食べた人が感染します。


 

どんな症状ですか

 ノロウイルスと同様におう吐、下痢、発熱が主症状とされ、症状からはノロウイルスと区別することは困難です。潜伏期間は12〜48時間で、発症している期間は一般的には1〜2日、長い場合は一週間程度続きます。


予防のポイントを教えて下さい

  1. カキなどの二枚貝は中心部まで十分に加熱(85℃〜90℃で90秒間以上)してから食べましょう。湯通し程度の不十分な加熱ではウイルスの感染力は失われません。
  2. 生鮮食品(野菜、果物など)は十分に洗浄しましょう。
  3. トイレの後、調理をする際、食事の前にはしっかり手を洗いましょう。(参考:みんな集まれ!手を洗おう
  4. 手洗いの後、使用するタオル等は清潔なものを使用しましょう。

【二次感染を予防するために・・・】
<ご家庭や保育園、学校などでは>
  1. 感染者の便、おう吐物には接触しないようにし、接触した場合は十分な洗浄と消毒を行いましょう。
  2. おう吐物や、ふん便で汚れた衣類等を片付けるときは、ビニール手袋、マスクなどを用いましょう。
  3. おう吐物や、ふん便で汚れた衣類等は他の衣類とは分けて洗いましょう。
  4. おう吐物などを片付けた用具、雑巾類は、塩素系漂白剤でつけ置き洗いをしましょう。
  5. おう吐物などで汚れた床は、塩素系漂白剤を含ませた布で被い、しばらくそのまま放置して消毒しましょう。
  6. 物の片づけが終わったら、よく手を洗い、うがいをしましょう。

<食品を取り扱う施設の営業者は>
  1. 調理従事者は、下痢、吐き気、おう吐、腹痛、発熱など、風邪に似た症状があったときは、
    • 調理行為にたずさわらないようにしましょう。
    • 医療機関に受診し、医師に相談しましょう。

参考情報

  1. 食品安全委員会ホームページ

▲このページのトップへ


▼ 関連ページ
                                    

▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ