MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心〜トピックス〜 »  食中毒を起こす微生物 »  ビブリオ・バルニフィカス

ビブリオ・バルニフィカス(Vibrio vulnificus

菌の特徴は

 腸炎ビブリオやコレラ菌などと同じビブリオ科に属し、腸炎ビブリオ(Vibrio parahaemolyticus)と性状などで共通点も多いグラム陰性桿菌です。
 ビブリオ・バルニフィカス(V. vulnificus)の名前はこの菌が創傷(wound=vulnus)を起こすことに由来しています。主に暖かい海水中の甲殻類や魚介類の表面や動物性プランクトンなどに付着しつつ増殖し、周囲の海水中にも遊出します。2〜3%の塩分濃度で良く増殖し、汚染された魚介類の摂取や皮膚の創傷などから人に感染します。肝臓病や糖尿病の患者、アルコール性肝炎の人が感染しやすく、通常健康な人が感染することはありません。

どんな食品が原因となりますか

 我が国では刺身や寿司等の材料となる多くの魚介類の摂取が原因となっていますので、肝臓障害をもつ当疾患に対するリスクの高い人は、生の魚介類を控えた方が良いでしょう。一方、欧米での原因の多くは、生カキの摂取です。

どんな症状ですか

 健常者では下痢や腹痛を起こすこともありますが、重症になることはほとんどありません。
 しかし、免疫力の低下している人や特に肝硬変などの重大な肝臓疾患のある人や鉄欠乏貧血などで鉄剤を内服している人なとでは注意が必要となります。
 肝臓でのクリアランスの低下や、血清鉄が細菌の病原性や増殖性を増すことなどから、細菌が血液中に侵入し、数時間から2日の潜伏期の後、峰巣炎等の皮膚病変の拡大や、発熱、悪寒、血圧の低下などの敗血症様症状を起こす。敗血症患者の致死率は50%以上である。
 米国ではメキシコ湾沿岸の州を中心に1988年から1995年までに300例以上の報告があります。国内でも現在までに分かっているだけでも100例以上が報告されています。

予防のポイントを教えて下さい

  1. ハイリスクの人が生鮮魚介類を生食後、体調に不調を感じたら直ちに医療機関にかかること。
  2. 肝臓障害をもつ当疾患に対するリスクの高い人は、夏季に生や十分調理されていない甲殻類や魚介類を食べないようにすること。
    (貝を煮るときには貝が開いてからも5分間以上ゆでるか、蒸す場合には9分間以上の調理を行う。開かない貝は食べないようにする。殻つきの牡蠣は3分間以上ゆでる。)
  3. 調理済みの食品がまな板などを介して二次汚染されないようにすること。
  4. 調理したらすぐに食べること。
  5. 創傷があるときは暖かい海水や汚れた水が、傷に付着するのを防ぐなどの防御法をとること
    (海岸や岩場で裸足で歩いて貝の殻などで怪我をし感染したと思われる事例も過去にありますので、ハイリスクの人は海岸での素足歩きは禁物です。)

参考情報

  1. 食品安全委員会ホームページ

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ