食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホームたべもの安全情報館知って安心〜トピックス〜食品の寄生虫生鮮魚介類を介するもの 旋尾線虫

食品の寄生虫
食品の寄生虫予防メモ
アニサキス
シュードテラノーバ
日本海裂頭条虫
旋尾線虫
大複殖門条虫
横川吸虫
肺吸虫
顎口虫
クドア・セプテンプンクタータ
マンソン裂頭条虫
旋毛虫
有鉤条虫
無鉤条虫
サルコシスティス・フェアリー
エキノコックス
回虫
クリプトスポリジウム
ジアルジア(ランブル鞭毛虫)
サイクロスポラ
テンタクラリア
ニベリニア
その他の四吻目条虫類の幼虫
吸葉条虫属の幼虫
ブリ糸条虫
フィロメトラ
ディディモゾイド類
ラジノリンクス
ペンネラ
スフィリオン
粘液胞子虫類

旋尾線虫(Spiruria) 線虫類

旋尾線虫の特徴

茶褐色
大きさ 幼虫は、体長5から10ミリメートル、体幅74から110マイクロメートルと細いため肉眼では認めにくい。
寄生場所 ホタルイカの胃と腸に見られる。
特徴 主として生鮮のホタルイカを内臓ごと食べたり、「踊り食い」したりする新しい食習慣により発生している。

ヒトへの影響

 多くは、ホタルイカ生食後、数時間から2日程度で腸閉塞症を起こす急性腹症型もしくは2週間前後で皮膚爬行症を起こす皮膚爬行症型の症状を示します。


寄生している主な魚介類

 ホタルイカ、スケトウダラ、ハタハタ、スルメイカなどに見られます。


予防方法

  • マイナス30℃で冷凍すると死滅します。(最近はマイナス30℃冷凍済のものが市場等に流通しています。)

写真:ホタルイカ
図 ホタルイカ
写真:旋尾線虫の幼虫
図 旋尾線虫の幼虫


▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報係が管理しています。


▲このページのトップへ