MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心~トピックス~ »  食品の寄生虫 » 飲料水、野菜、果実等を介するもの ジアルジア(ランブル鞭毛虫)

ジアルジア(ランブル鞭毛虫)(Giardia) 原虫類(鞭毛虫類)

ヒトへの影響

 下痢、脂肪便、腹痛など(感染しても自覚症状がない人が多いのが特徴です。)

発生状況

 熱帯・亜熱帯で多発しています。わが国では、保卵率は数%といわれ、生下水からは頻繁に検出されています。熱帯地方への旅行者が持ち込むことが多いです。

感染源

 感染した動物や患者の糞便に含まれた嚢子が汚染源。汚染された水及び食品を介して経口感染します。性的接触や動物との接触感染もあります。


写真:嚢子型(長径8~12μm、短径5~8μm)
図 嚢子型(長径8~12μm、短径5~8μm)
写真:栄養型(長径10~15μm、短径6~10μm)
図 栄養型(長径10~20μm、短径5~10μm)

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ