MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » 知って安心~トピックス~ »  食品の寄生虫 » 人体に影響を与えないが苦情の多い寄生虫 ディディモゾイド類

ディディモゾイド類(Didymozoidae) 吸虫類

ディディモゾイド類の特徴

生きているときは黄色で死後は黒色に変色
大きさ 球形のもので袋の大きさは1から50ミリメートル程度
寄生場所 えら、ひれ、口腔、筋肉、卵巣、腹腔に寄生
特徴 棒状、球形、紐の塊状等、形は様々で多くは袋に入っている。

ヒトへの影響

 ヒトには寄生しません。

寄生している主な魚介類

 カジキ、サバ、カツオ、マダイ、トビウオ

写真:メジマグロ(マグロの若魚)のエラに寄生しているディディモゾイド類
図 メジマグロ(マグロの若魚)のエラに
寄生しているディディモゾイド類
写真:メカジキの筋肉に寄生しているディディモゾイド類
図 メカジキの筋肉に寄生している
ディディモゾイド類

このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ