【JAS法】
正式名称は、農林物資の規格化及び品質表示の適正化に関する法律。この法律は、飲食料品等が一定の品質や特別な生産方法で作られていることを保証する「JAS規格制度(任意の制度)」と、原材料、原産地など品質に関する一定の表示を義務付ける「品質表示基準制度」からなる。

【参考HP】農林水産省:「JAS法とは


【加工食品品質表示基準】
平成12年3月に、JAS法に基づき制定された農林水産省告示。加工食品についての品質表示基準を定めている。

【参考HP】農林水産省:加工食品品質表示基準(PDF)」


【食品衛生法】
食品などの飲食によって生ずる危害の発生を防止するための法律。昭和22年に公布。厚生労働省所管の法律。食品や添加物、器具容器の規格・表示・検査などの原則を定めている。


【賞味期限】
スナック菓子、カップ麺など品質の劣化が比較的遅い食品につけられる期限表示。おいしさなどの品質が保たれる期限をいう。
東京都食品安全FAQトップページ(別ウィンドウで開く)
更新日:2012/02/02  

賞味期限が書いていない食品があるのはなぜですか?

賞味期限の書かれていない食品がありますが、印字ミスでしょうか。
賞味期限の書かれていない食品は、いつまで安全なのでしょうか。
賞味期限の書かれていない食品は、開封しても品質は変わらないのでしょうか。

長期間保存しても、品質の変化が極めて少ないアイスクリームや食塩など一部の食品は、賞味期限を省略することができます。


JAS法加工食品品質表示基準 及び食品衛生法 により、賞味期限 を省略できる食品には次のものがあります。

 
でん粉
チューインガム及び冷菓
砂糖
アイスクリーム類
食塩及びうま味調味料
飲料水及び清涼飲料水(ガラス瓶入りのもの(紙栓をつけたものを除く。)又はポリエチレン製容器入りのものに限る。)並びに氷

これらについては、基本的に品質の変化が極めて少ないため、賞味期限表示を省略することが認められています。したがって、未開封の状態で、かつ、パッケージ等に書かれている保存状態を守った場合には、基本的に安全に食べることができます。ただし、高温や湿気に弱いものもありますので、保存方法には気を配ってください。

★ 関連する質問

消費期限と賞味期限は何が違うのでしょうか。

※FAQの改善のため、回答結果についての評価にご協力下さい。