食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホーム調査・統計データその他の調査・統計データ食品汚染調査2 食品等のPCB汚染調査結果

食品汚染調査
1 魚介類等の水銀汚染調査結果
2 食品等のPCB汚染調査結果
3 魚介類のビストリブチルスズオキシド(TBTO)等汚染調査結果
4 東京湾産魚貝類の化学物質汚染実態調査結果(ダイオキシン類及び内分泌かく乱作用が疑われる物質)
食品からのダイオキシン類等摂取状況調査結果

2 食品等のPCB汚染調査結果

PCBは、昭和43年に発生した「カネミ油症事件」の原因物質の一つで、その後の調査で、広く環境を汚染していると同時に食品等も汚染していることが明らかになりました。昭和47年にPCBは製造中止になりましたが、安定性が高く、分解されにくいため、自然界での長期間の残留性が問題になっています。
国は、昭和47年8月「食品中に残留するPCBの規制について」の中で、暫定的規制値を食品別に設定しました。
東京都では、昭和48年から魚介類、乳製品、食肉等の汚染実態調査を行い、汚染食品の流通防止を図っています。




 平成24年度以前の食品等のPCB汚染調査結果は、食品安全アーカイブズで確認できます。

get_adobe_flashPlayer このページを正しく表示するには、Adobe Flash Player が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 食鳥検査担当が管理しています。


▲このページのトップへ