MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » シリーズ「くらしに役立つ食品衛生情報」 » 第4回 お弁当や外食などの注意点 »  お弁当作りのポイント

お弁当作りのポイント

 お弁当は作ってから食べるまで時間がかかりますし、また、必ずしも作ってから冷蔵保存されるわけではありません。
ですから、お弁当は食中毒の発生が意外に多いのです。朝の忙しい時間に作りますが、普段の料理以上に気をつけてください。


正しい手洗いが基本!

 調理の前や生肉・生魚に触ったあとの手洗いは念入りにしなければいけませんが、お弁当作りでは、盛り付け前の手洗いを忘れないようにしましょう。
また、おにぎりによる黄色ブドウ球菌の食中毒が多いので、おにぎりを作る前には、手荒れやおでき、傷がないこと確かめて下さいね。
ピクニックに持っていくなど、常温で持ち運ぶときには、ラップでごはんを包むようにしておにぎりを作るとよいでしょう。


しっかり火を通す!

 お弁当は冷蔵保存したり、食べる前に加熱することができない場合も多いですね。
ですから、細菌が残っているととても危険です。
しっかり加熱して、お弁当に細菌を残さないようにしなければなりません。
特に、唐揚げ、ハンバーグ、卵焼きなど、外からでは中まで火が通ったかどうか分からない食品や、前の晩の残り物は、十分に加熱する必要があります。


ふたは冷めてから!

図:十分に冷ましてからフタをして、なるべく涼しいところにおきましょう。

 温かいうちにふたをすると、温度が下がりにくくなって細菌に増える機会を与えてしまいます。
また、水蒸気が閉じ込められると水滴になり、細菌にとってはありがたいことです。
十分冷ましてからふたをして、日のあたらない涼しい所に置いてください。



盛り付けの工夫

 ご飯は朝炊の固めをすばやく冷まして、できればおかずとは別の容器に詰めます。
盛り付けする食品に直接手を触れないように菜ばしやラップを上手に使ってください。
おかず同士の相互汚染を防ぎ、水漏れがないように単品ごとに仕切りを入れます。ラップや、仕切りのある弁当箱を活用しましょう。
加熱してからきったり小分けしたりしないように、加熱前に小さくきっておきましょう。


お弁当の保管

図:タイムアップ

 可能なら冷蔵庫で保存しましょう。
常温保管するしかない場合でも、なるべく涼しくて陽のあたらないところにおいてください。
おひるにお弁当を食べ損なったら、残念ですがあきらめましょう。この頃は冬でも暖房が効いているので、室内に置いたお弁当はお昼過ぎや夜までもちません。




このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ