MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » シリーズ「くらしに役立つ食品衛生情報」 » 第4回 お弁当や外食などの注意点 »  イベントでの料理

イベントでの料理

 

 地域のお祭りなどのイベントに、参加する機会もあるのではないでしょうか。
また、主催する立場になることだってありますね。


イベントカレー

 ここでちょっと考えて下さい。
もし、イベントで、昼食を出すことになった場合何を作りますか。お弁当を取るような予算はありませんし、人手もあまりありません。
ここで、「カレー」を考えた方が多いのではないでしょうか。
実際、イベントでカレーを出して、食中毒になってしまう事例が非常に多いのです。
これは、一度に大量に調理したときに発生しやすい、「ウエルシュ菌」による食中毒です。


催事料理と家庭料理

 イベントでは、普段とは桁違いの量を調理します。
家庭での調理においても、衛生的な取り扱いは大切ですが、それ以上に、しっかりとした衛生観念を持って行わないと、極めて危険です。


餅つき

 さらに、昔から多いのが餅つきによる食中毒です。
餅つきは、てこね、もちとり、まるめなど何人もの人が手を使って共同作業することや、野外で埃や昆虫に曝されたり、作ったもちを持ち帰って時間がたってから食べたりと、事故の原因になりそうな条件はいくつもあります。


イベント事故ワースト3

事故の多いイベント食品ワースト3がカレーとおにぎりそして餅つきなのです。






このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ