MENU

ホーム » たべもの安全情報館 » シリーズ「くらしに役立つ食品衛生情報」 » 第5回 特集1:乳幼児のための食品衛生 »  台所と食器

台所と食器

 

 保育園などの小さな子供を預かる施設では、調理場の衛生管理にとても気を使っています。
家庭の台所ではスペースの関係で給食施設のような衛生管理は難しいでしょうが、最重要ポイントだけでも給食施設で実践しているノウハウを活用してみましょう。



整理整頓

  • コンロやレンジの周りは整頓されていますか
  • 火元の周りにフキンなど燃えやすいものを置いていませんか
  • 換気扇やフィルターは汚れたり目詰まりしていませんか
  • ゴミが放置されていませんか
  • ゴミと食べ物が一緒に置かれていませんか
  • 洗剤や消毒薬などが子供の手の届くところにおかれていませんか


台所の設備

冷蔵庫・冷凍庫

 十分な容量のある冷蔵庫で、庫内に温度計を置いて定期的に温度チェックします。


冷蔵庫 10度以下
冷凍庫 マイナス15度以下

食器戸棚

 食器棚はゴキブリやハエから守るために扉のついたものを使い、食器はよく乾かしてからしまいます。


湯沸かし器

 食器洗いや殺菌のために熱湯が必要です。


流し(シンク)

 給食施設では野菜の下洗い、食器洗い、すすぎ用など、用途ごとに流しを設置していますが、家庭ではひとつか二つしかシンクがありません。
食品に汚水がかからないよう特に注意しましょう。


ゴミ箱

 生ゴミは流しに放置せず、まめにフタ付のゴミ箱に捨てましょう。


食器の選び方

 シンプルな形で洗いやすく、とがった所がないもの。


 汚れを見つけやすい薄い色。


耐熱性

 消毒のため熱湯に耐えられるもの。


食器の表示

  • 品名
  • 原料
  • 耐熱温度(耐熱温度差)
  • 耐冷温度
  • 容量
  • 取り扱い上の注意

 他の表示があれば確認しておきましょう。


調理器具

プラスチックまな板に湯沸かし器の熱湯をかけて消毒する

 包丁、まな板そしてフキンの衛生管理はもちろんですが。
離乳食などを作るために使うおろし金や裏ごしなどは使ったときに汚れやすく、洗浄しにくく、細菌が繁殖しやすい形ですから、ていねいに洗浄した後、なべで煮沸したり殺菌剤を使ったりする必要があります
電動調理器も使い終わったらていねいに洗浄しましょう。



▲このページのトップへ




このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ