子供の食物アレルギー

子供の食物アレルギーに関心ありますか?

食パト先生のアドバイス

今井 孝成先生
今井孝成先生
自己診断せず、食物アレルギーを正しく理解しましょう。
食物アレルギーに関して大事な注意すべきポイントは2点挙げられます。
ひとつは、「正しい診断を必要最小限の食物除去を行う」ことです。 除去する食物の種類や、除去の程度と方法、期間について医師と十分打ち合わせをしてから始めましょう。
もう1点は、「アナフィラキシー症状に対して正しい理解と準備を行う」ことです。 食物アレルギー症状の一つであるアナフィラキシー症状は時に生命の危機に陥りかねません。多くの食物アレルギー児がアナフィラキシー症状を起こす可能性があるので、保護者は十分に誤食の予防を行います。また万が一、アナフィラキシー症状が起きた場合、正しく迅速な対応をおこなうための知識と対処法を身につけることも大事です。
その上でさらに豊かな食生活を営める様々な取り組みを行いましょう。

食パトチェックポイント

ポイント1 食物アレルギーを疑わせる症状とは?

ポイント2 本当にアレルギー?

ポイント3 妊娠中、授乳中からのアレルギー予防はできません。

ポイント4 表示されないアレルギー物質もあります。