Q&A

せっかく栄養バランスを考えて作っても、子供は料理を残してしまったり、お肉ばかり、揚げ物ばかりを食べたがったりしがちです。子供の好きなものを食べさせてあげたいけれど、親としてはそうばかりも言っていられませんよね。
ママ・パパのつきない悩みに食パト先生、よきアドバイスをお願いします!

男女別・年齢別に必要な栄養素の違いについて知りたい。子供も大人と同じようなバランスで野菜や肉やごはんをあげてもいいのでしょうか?

answer

食パト先生

子供も大人も、必要な栄養バランスは、思ったほど大きく変わるわけではありません。子供向けに特別な
食事を、と考えるよりも、むしろ大人と一緒の食事を通じて食経験を拡げることも大切です。

偏食の子供にバランスよく食べさせるコツはありますか?

answer

食パト先生

子供は周囲の大人の影響を強く受けやすいもの。野菜の好きな大人や、お友達といっしょに食事をすれば、野菜をおいしそうに食べている姿に感化されることも多いものです。

また、お庭やベランダで野菜を育てるなど、自分の手で食べ物をつくる経験も、偏食を直すきっかけの一つになるのではないでしょうか。

子供が太り気味です。低カロリーでお腹を満たすことのできる料理の工夫を教えてください。

answer

食パト先生

外食のメニューではカロリー、塩分、脂肪を取りすぎてしまいがちです。外食で、とんかつや牛丼、グラタンにピザなど揚げ物や脂肪の多いメニューを選んだ後は、家では焼き魚やおひたし、具だくさん汁など、野菜が多く脂質を控えたメニューを心がけると良いでしょう。また、外食では単品料理が多くなりがちですが、自宅では「主食」+「副菜」+「主菜」をそろえた食事を心がけたいものです。「東京都幼児向け食事バランスガイド」を参考にしてください。