Q&A

食パトママ・パパの一員として、やはり気になるのは「輸入食品の安全性」です。いま家族が食べている食品の原産国は?食品の安全基準は国によって異なるって本当?安心して食べていいの?食パト先生、教えてください!

日本では輸入食品の検疫、チェック体制はどうなっているのですか?

answer

食パト先生

全国の海空港に厚生労働省の検疫所が設置されており、ここで輸入食品の監視を行っています。営業用に食品を輸入するときは、輸入する人が必ず届出をしなければならないことが食品衛生法で決められています。輸入届出書には、その食品の原材料や成分、製造工程の説明などが書かれており、検疫所ではその食品が食品衛生法に適合するかどうか確認を行います。通常、検査は、食品の種類ごとに検査の件数や項目を決め、計画的に行いますが、違反の発見状況によっては、より厳しい「検査命令」が出されます。この場合、輸入のつど検査が求められ、検査に合格しなければ輸入・流通が認められません 。

answer

食パト先生

検疫所で見つかる違反の中には、日本と輸出国との間の規制の違いが背景にあるものもあります。例えば、輸出国では認められている添加物が日本では認められていないとか、輸出国と日本の間で残留農薬の基準値が異なる場合などです。保存料のソルビン酸はアメリカでは特に対象食品の規制はありませんが、EUおよび日本では使用できる食品と量を設定した上で使用を認めています。日本での対象食品は漬物、食肉製品、魚肉ねり製品などで、この対象食品以外のものにソルビン酸が使用されていると、日本では違法となります。輸出国の規制はどうあれ、日本に輸入される食品は日本の食品衛生法のもとで規制されます。

輸入食品のラベルには「原産国名」が記載されていますが、その意味を教えてください。また、加工食品の原材料の産地が書いてあるものと書いていないものがありますが、なぜですか?

answer

食パト先生

国産の生鮮食品については、畜産物は「国産」と記載し、農産物は都道府県名、水産物はとれた水域名や養殖場がある都道府県名、水揚げした漁港名などを記載することがJAS法で決められています。一方、輸入されたものについては原産国名を表示する必要があります。原産国名は国名を記載しますが、農産物では「カリフォルニア州」のようによく知られた地名を書いてもよいことになっています。輸入水産物では、外国船籍の漁船がとったものはその国からの輸入品となります。
加工食品については、乾燥野菜や塩蔵魚介類など、生鮮食品に近い加工食品など一部のものに原料原産地の表示が義務付けられています。加工食品の場合、原産国とは最終的にその製品を作った国のことです。例えば、焼き菓子であれば焼いた国、うなぎの蒲焼であれば蒲焼を作った国が原産国になります。