食中毒で予防する調理法 子供たちを食中毒から守るために、調理のときの予防のポイントを知っておきましょう。

「食中毒を予防する調理法」に関心がありますか?

食パト先生のアドバイス

食パト先生挿入箇所
食中毒予防三原則を守りましょう
食中毒の多くは、調理、保存段階での注意によって防ぐことができます。
“食中毒予防三原則”と呼ばれている、食品に菌を「つけない」、低温で保存することで菌を「増やさない」、十分に加熱して「殺菌する」の3点がポイントです。
特に注意したいのは、手指や調理器具等を介して食品に菌をつけてしまう二次汚染です。生で食べる食品や加熱調理済みの食品に肉類・魚介類などの生鮮食品から菌が移らないよう、包丁やまな板などの調理器具は野菜用、肉用などと使い分けすることが大切です。
また、生で食べる食品や、加熱調理済みの食品を扱う前には、必ず手を洗うようにします。調理器具を使いまわす場合は、食材を扱った調理器具を十分に洗って、調理器具から食品への二次汚染を防ぐようにしましょう。
もちろん、購入段階で鮮度のよいものを選ぶことも大切です。できるだけ買い置きをせず、こまめに買い物に行くようにすることが望ましいのですが、お仕事や家庭の都合で難しいこともあるかもしれません。最低限「消費期限」「賞味期限」の表示を確かめて、それを守るようにしてください。

食パトチェックポイント

ポイント1 まずは「つけない」。基本は「手洗い」です。

ポイント2 食材は「流水」で洗いましょう

ポイント3 食卓に料理を並べたまま、も危険です。

ポイント4 十分に加熱しましょう。