食中毒で予防する調理法 子供たちを食中毒から守るために、調理のときの予防のポイントを知っておきましょう。

「食中毒を予防する調理法」に関心がありますか?

食パトチェックポイント

ポイント1 まずは「つけない」。基本は「手洗い」です。
肉や魚介類を扱った手を洗わずに、生で食べるサラダなどに触ると、菌がついて食中毒につながります。
また、手指の傷には食中毒を起こす黄色ブドウ球菌が多く存在するので、傷や手荒れがあるときは、使い捨ての手袋や菜ばしを使い、素手で食品を扱わないようにしましょう。
包丁やまな板などの調理器具は、二次汚染を防止するために、「肉・魚用」、「生野菜・調理済み食品用」などと用途別に使い分けることが大切です。
流し台やスポンジ類、ふきん類をよく洗うことも忘れずに。ふきんは、菌が付着し易いので「付菌」とも言われます。1枚のふきんを使い回しにせず、調理毎に、清潔なふきんを使用してください。使用後のふきんは、漂白剤につけて消毒し、乾燥させることをおすすめします。
あなたは食器用フキンをどのように洗っていますか?
では、食器用フキンはどの程度の頻度で洗っていますか?
ポイント2 食材は「流水」で洗いましょう
調理に使う食材は、流水で洗うことがポイントです。野菜類を「ため水」で洗うと、食材から離れた菌が、再び食材に付着してしまいますので、流水で洗い流しましょう。 魚介類についている細菌の腸炎ビブリオは真水に弱いので、調理の前に流水で洗うと効果的です。
食品を洗う順番にも工夫が必要です。野菜など生で食べるものは先に洗い、魚介類など加熱するものは後で洗います。食材を洗った後のシンクやその周辺には、しぶきにのって飛んだ菌がついています。シンクの洗浄もこまめにしましょう。
ポイント3 食卓に料理を並べたまま、も危険です
食品は低温で保存することが大切です。食品を室温で放置しておくと、菌が増えてしまいますし、菌によっては、その後加熱しても壊れない毒素を作ることがあります。
このため、家族がそれぞれの時間でバラバラに食事をとるときは注意が必要です。食卓のうえに料理を置いたままはやめましょう。冷たいサラダも、常温で放置すれば菌が増えていきますし、大皿のおかずなどは食卓と冷蔵庫の行き来をくりかえすうちに菌が増えることもあります。なるべく料理を小分けにしておき、食べる分だけを冷蔵庫から出すようにしましょう。
ポイント4 十分に加熱しましょう。
菌による食中毒を防ぐのに最も効果的なのは加熱による殺菌です。食品を中心まで75℃で1分間以上(ノロウイルスでは85℃1分間以上)加熱すれば、ほとんどの菌は死滅するとされています。肉類は、「肉汁が透明になる」「切ると中心部まで白くなっている」状態まで、十分に加熱します。卵も、賞味期限を過ぎたら、十分に火を通すようにしましょう。