MENU

ホーム東京都の取組・制度東京都の主な取組

東京都の主な取組

東京都では、食品の安全を確保することにより「現在及び将来の都民の健康の保護を図る」ことを目的として、東京都食品安全条例を定めています。

⇒「東京都食品安全条例」についてはこちらをご覧ください。

この条例では東京という大都市の地域特性を踏まえ、食品の安全確保に向けた方向性をはじめ、関係者が果たすべき責務や役割を明らかにするとともに、国の制度を補完する仕組みを定めています。

食品安全条例に基づき「東京都食品安全推進計画」を策定し、生産から消費に至る各段階で、関係各局の連携のもと、全庁横断的に食品の安全確保に関する施策を推進しています。

⇒「東京都食品安全推進計画」についてはこちらをご覧ください。

また、東京都では、飲食に起因する衛生上の危害の発生を防止するため、食品衛生法に基づき、監視指導等の計画を毎年度定めており、これに基づき、生産から消費に至る各段階で安全確保の対策を行っています。⇒「東京都の食品監視体制」はこちらをご覧ください。

さらに、食品関係施設の営業者の方々が日々取り組んでいる自主的な衛生管理を積極的に評価する、東京都独自の制度である「食品衛生自主管理認証制度」を設け、営業施設全体の衛生水準の向上を図っています。⇒「食品衛生自主管理認証制度」はこちらをご覧ください。

このページは東京都福祉保健局 健康安全部 食品監視課 食品安全担当が管理しています。


▲このページのトップへ