header
牛レバーの香草焼き 牛レバーの香草焼き

<材料>(2人分)

牛レバー
300g
オリーブオイル
大さじ2
にんにく
1かけ
グリーンアスパラガス
適宜
ディル
適宜

【下味】

お好みの香草
大さじ2
(ディル、ローズマリー等)
 
白ワイン
50cc
少々
こしょう
少々


<作り方>

*調理前には必ず手洗いをしましょう。

  1. 牛レバーは流水でよく洗い、 一口大に切る。
    牛レバーを洗っている写真
    牛レバーは、流水でよく洗ってから下味にしっかり漬け込むことで臭みを抑えることができます。
  2. ボウルに、1と【下味】の材料を入れて軽く揉みつけ、15分程度漬け込んで香りを移す。
  3. フライパンにオリーブオイルと包丁で潰したにんにくを入れてから弱火にかけ、じっくり香りを引き出す。にんにくがきつね色になってきたら取り出し、2の牛レバーを入れて中弱火で5〜6分程度よく焼く。
  4. 器に盛りつけ、お好みで根元を切り落とし塩茹でしたグリーンアスパラガスとディルを添える(グリーンアスパラガスの茹で時間は2〜3分程度。茹で過ぎると歯切れが悪くなるので注意)。

<食中毒予防ポイント>

レバーは中心部までしっかり加熱

牛レバーはカンピロバクター菌大腸菌O157が付着していることがあります。
カンピロバクター菌や大腸菌O157は、75℃・1分以上の加熱で殺菌できます。加熱する際は、中心部までしっかり火を通しましょう。

レバー加熱比較

肉を扱った手や調理器具はそのたび洗浄

熱湯消毒

肉を扱った後は、石鹸で手を洗い、使用した調理器具(まな板、包丁など)も洗浄・熱湯消毒してから次の作業を行いましょう。これによって、ほかの食材に食中毒菌が広がるのを防ぐことができます。熱湯を扱う際は、やけどに注意しましょう。


このレシピをダウンロード:牛レバーの香草焼きpdf(206KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved