header
チリマヨ唐揚げ チリマヨ唐揚げ

<材料>(2人分)

鶏もも肉
1枚
サニーレタス
2枚
(レタスでも可)
 
片栗粉
大さじ2
揚げ油
適量

【下味】

ナンプラー
大さじ1
(しょうゆでも可)
 
大さじ1
みりん
大さじ1
しょうがのすりおろし
小さじ1
にんにくのすりおろし
小さじ1

【ソース】

スイートチリソース
大さじ4
マヨネーズ
大さじ2


<作り方>

*調理前には必ず手洗いをしましょう。

  1. ボウルに【下味】の材料を混ぜて、一口大に切った鶏もも肉を10分程度漬け込み、味をなじませる。
  2. ビニール袋に片栗粉と1を入れてよく振り、鶏肉にまんべんなく粉をまぶす。
  3. 160℃に熱した揚げ油の中に、余分な粉をはたき落とした鶏肉を1つずつ入れて3〜4分揚げ、一度取り出す。油の温度を180℃に上げて肉を戻し入れ1分揚げる。
    肉の粉をはたいている写真
    衣が厚くなりすぎると水分を吸ってしまいカラリと仕上がりません。揚げ油の中に入れる前に余分な粉をしっかり落としましょう。
  4. ボウルに【ソース】の材料を入れて混ぜ合わせたら、3を加えてからめる。
  5. サニーレタスを敷いた器の上に盛りつける。

<食中毒予防ポイント>

肉は中心部までしっかり加熱

鶏肉はカンピロバクター菌が付着していることがあります。
カンピロバクター菌は熱や乾燥には弱いため、75℃・1分以上の加熱で殺菌できます。加熱の際は、2度揚げをするなど、中心部までしっかり火を通す工夫が必要です。
下味をつけ冷凍しておいた肉をそのまま揚げる場合は、外側の見た目が同じでも、中心の火の通り具合は通常時とかなり違います。冷凍のものを揚げる時には、特に低い温度からじっくり揚げるようにしましょう。

唐揚げ加熱比較

肉を扱った手や調理器具はそのたび洗浄

熱湯消毒

肉を扱った後は、石鹸で手を洗い、使用した調理器具(まな板、包丁など)も洗浄・熱湯消毒してから次の作業を行いましょう。これによって、ほかの食材に食中毒菌が広がるのを防ぐことができます。熱湯を扱う際は、やけどに注意しましょう。


このレシピをダウンロード:チリマヨ唐揚げpdf(215KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved