header
アジと彩り野菜の南蛮漬け アジと彩り野菜の南蛮漬け

<材料>(2人分)

小アジ
8尾
グリーンアスパラガス
2本
黄パプリカ
1/2個
たまねぎ
1/2個
ラディッシュ
4個
小麦粉
大さじ4
揚げ油
適量

【漬けだれ】

だし汁
100cc
赤唐辛子の輪切り
1/2本分
以下4種の調理料
 
・酢
大さじ4
・砂糖
大さじ2
・しょうゆ
大さじ1・1/2
・みりん
大さじ1/2


<作り方>

*調理前には必ず手洗いをしましょう。

  1. 鍋に、だし汁と【漬けだれ】の4種の調味料を入れて煮立てたら、赤唐辛子の輪切りを加えて火を止める。
  2. パプリカは細切り、たまねぎ薄切り、ラディッシュは縦4等分にする。
    グリーンアスパラガスは根元を切り落とし、根元に近い方は皮を剥き、5cm程度の長さに切って軽く塩茹でする(茹で時間は2〜3分程度。茹で過ぎると歯切れが悪くなるので注意)。
    根元の皮を剥いでいる写真
    グリーンアスパラガスは根元の皮が厚い部分を剥きます。ピーラーを使うと手早く均一の厚さに剥けます。
  3. 小アジは内臓、エラ、ゼイゴ(尾びれ近くにあるトゲ状の硬いうろこ)を取り除いたら、流水で腹の中をよく洗い、水気をしっかり拭き取る。
    内臓とエラを取り除いている写真
    小アジはエラの部分をつまみ、ゆっくり下に引っ張ることでエラと内臓を一緒に取り除くことができます。内臓がうまく取れないようなら腹に切れ目を入れるといいでしょう。
  4. 小アジに小麦粉をまぶし、160℃の揚げ油でじっくり揚げる。
  5. バットに揚げたての小アジを並べ、2の野菜をのせて、1の漬けだれを上からかける。時々全体を返しながら1時間程度漬け込む(1時間以上漬け込みたい場合は、粗熱が取れてからバットにラップをし、冷蔵庫に入れて漬け込む)。

<食中毒予防ポイント>

魚介類は中心部までしっかり加熱

魚介類はしっかり加熱

生鮮魚介類には、腸炎ビブリオ菌が付着している可能性があります。
腸炎ビブリオ菌は真水や熱に弱く、65℃・1分以上の加熱で殺菌できます。アジは調理前に真水でよく洗い、中心部までしっかり火を通しましょう。


魚介類を扱った手や調理器具はそのたび洗浄

熱湯消毒

魚介類を扱った後は、石鹸で手を洗い、使用した調理器具(まな板、包丁など)も洗浄・熱湯消毒してから次の作業を行いましょう。これによって、ほかの食材に食中毒菌が広がるのを防ぐことができます。熱湯を扱う際は、やけどに注意しましょう。


このレシピをダウンロード:アジと彩り野菜の南蛮漬けpdf(244KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved