header
ハニーセサミチキン ハニーセサミチキン

<材料>(2人分)

鶏ささみ
4本
長ねぎ
1/2本
片栗粉
大さじ2
白ごま
小さじ2
揚げ油
適量

【下味】

にんにくのすりおろし
小さじ1
しょうがのすりおろし
小さじ1
日本酒
大さじ1/2
少々
こしょう
少々

【ソース】

ハチミツ
大さじ1
しょうゆ
大さじ1
小さじ1
小さじ1
鶏がらスープの素
小さじ1/3
50cc


<作り方>

*調理前には必ず手洗いをしましょう。

  1. 鶏ささみは、筋を取ってから5cm程度の長さのそぎ切りにし、【下味】の材料とよくからめる。長ねぎはみじん切りにする。
    ささみの筋を取っている写真
    鶏ささみの筋は、白い筋の両脇に浅い切り目を入れてから、筋の面を下にして、写真のように端をしっかり押さえながら包丁でしごくようにするときれいに取り除けます。
  2. フライパンに【ソース】の材料を入れてよく混ぜ、ひと煮立ちさせる。
  3. 1の鶏ささみに片栗粉をまぶし、170℃に熱した揚げ油で2〜3分、キツネ色になるまで揚げる。
    肉がきつね色に揚がった写真
    最初細かく出ていた泡が大きくなり、肉が浮いてきたら揚げ色を確認。きつね色に揚がったら取り出します。
  4. 2を強火にかけて温め直し、みじん切りにした長ねぎを加えた後、3を入れて全体をよく混ぜ合わせる。
  5. 全体にとろみがつき、水っぽさがなくなったら火を止め、白ごまをふりかける。
    水っぽさがなくなった写真
    肉にまんべんなくソースがからみ、水っぽさがなくなったら火を止めましょう。

<食中毒予防ポイント>

肉は中心部までしっかり加熱

肉はしっかり加熱

鶏ささみはカンピロバクター菌が付着していることがあります。
カンピロバクターは熱や乾燥には弱いため、75℃・1分以上の加熱で殺菌できます。加熱する際は、中心部までしっかり火を通しましょう。


肉を扱った手や調理器具はそのたび洗浄

熱湯消毒

肉を扱った後は、石鹸で手を洗い、使用した調理器具(まな板、包丁など)も洗浄・熱湯消毒してから次の作業を行いましょう。これによって、ほかの食材に食中毒菌が広がるのを防ぐことができます。熱湯を扱う際は、やけどに注意しましょう。


このレシピをダウンロード:ハニーセサミチキンpdf(242KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved