header
ロコモコ ロコモコ

<材料>(2人分)

ご飯
400g
牛挽き肉
200g
(合挽きでも可)
 
たまねぎ
1/4個
パン粉
大さじ3
牛乳
大さじ2
3個
小さじ1/3
こしょう
少々
ナツメグ
少々
サラダ油
小さじ2
お好みの野菜
適宜
(トマト、アボカド等)
 

【グレービーソース】

赤ワイン
大さじ1
200cc
固形コンソメ
1/2個
バター
10g
小麦粉
大さじ1
以下4種の調味料
 
・ウスターソース
大さじ1
・ケチャップ
大さじ1
・塩
少々
・こしょう
少々


<作り方>

*調理前には必ず手洗いをしましょう。

  1. パン粉は牛乳にひたし、たまねぎはみじん切りにしておく。
  2. ボウルに牛挽き肉、塩、こしょう、ナツメグを入れて粘りが出るまでよく練り混ぜる。1と卵1個を加えて混ぜ、2等分して小判形に形を整える。
    挽き肉をよく練っている写真
    挽き肉は粘りが出るまでよく練り混ぜることで、形が崩れにくくなり、きれいに焼き上げることができます。
    ハンバーグを成型している写真
    小判形に形を整えたところ。真ん中を少し凹ませておくと平らに焼き上がります。
  3. フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、2を入れたら中火で3分焼いて、焼き色をつける。
  4. ハンバーグを裏返し、フタをして弱火で4〜5分焼く。中まで十分火が通ったら、いったん皿に取り出す。
  5. ハンバーグを焼き終えたフライパンに水とコンソメを入れ、沸騰したら赤ワインを加えてアルコール分を飛ばした後、【グレービーソース】の4種の調味料を入れて味を調える。
  6. バターと小麦粉を練り合わせたもの(水溶き片栗粉でもOK)を入れて、とろみを加減する。
  7. フライパンにサラダ油小さじ1を入れて熱し、卵2個を割り入れ、弱火で半熟になるまで焼く。
  8. 温かいご飯の上にハンバーグのせ、グレービーソースをかける。
    その上に目玉焼きをのせ、お好みでトマトやアボカド、レタスなどの野菜を添える。

<食中毒予防ポイント>

中心部まで十分火を通すために

挽き肉はカンピロバクター菌大腸菌O157が付着していることがあります。
カンピロバクター菌や大腸菌O157は、75℃・1分以上の加熱で殺菌できます。加熱する際は、ハンバーグを薄くする、フタをして焼く、電子レンジで予備加熱をするなど、中心部まで火が通るように工夫してください。
下の写真にように、厚さのあるハンバーグでは、焦げ色がちょうど良いと思っても、中心部の温度は75℃に達していないことがあります。中心部に串を刺した時に出てくる肉汁が透明になるまで加熱することが大切です。

ハンバーグの加熱比較

卵は賞味期限内のものを使う

卵の賞味期限

卵や卵の殻にはサルモネラ菌が付着している可能性があります。
サルモネラ菌は、70℃・1分以上の加熱で殺菌できます。目安は、卵黄も卵白もしっかり固まった状態です。半熟状態で食べる場合は、必ず賞味期限内の卵を使いましょう。卵の賞味期限は「生で食べられる期限」を示しています。ただし、期限内であっても、殻にひびの入った卵は使わないでください。


肉や卵を扱った手や調理器具はそのたび洗浄

熱湯消毒

肉や卵を扱った後は、石鹸で手を洗い、使用した調理器具(まな板、包丁など)も洗浄・熱湯消毒してから次の作業を行いましょう。これによって、ほかの食材に食中毒菌が広がるのを防ぐことができます。熱湯を扱う際は、やけどに注意しましょう。


このレシピをダウンロード:ロコモコpdf(268KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved