header
ふわふわオムライス ふわふわオムライス

<材料>(1人分)

ご飯
150g
鶏むね肉
60g
2個
たまねぎ
1/4個
ピーマン
1/2個
ケチャップ
大さじ1・1/2
サラダ油
大さじ2
バター
大さじ1
生クリーム
大さじ1
少々
こしょう
少々


<作り方>

*調理前には必ず手洗いをしましょう。

  1. 鶏むね肉、ピーマン、たまねぎを1cm程度の角切りにする。
  2. 熱したフライパンにサラダ油大さじ1を熱し、鶏むね肉、たまねぎ、ピーマンの順に入れて炒め、ケチャップを加える。火は弱火にして、水分をとばすように炒める。
  3. 水分がとんだら強火にし、サラダ油大さじ1とご飯を加えて炒め、塩・こしょうで味を調える。
  4. 器にケチャップライスを盛り、形を整えておく。
  5. ボウルに卵と生クリームを入れてよくかき混ぜる。
  6. 小さめのフライパンにバターを入れて溶かし、全体になじませたら、強火にして5の卵液を流し入れ、箸で表面をすばやくかき混ぜる。
    卵をかき混ぜている写真
    卵液を入れたら、フライパンの外側から内側に向かって円を描くようにすばやくかき混ぜます。
  7. 表面が半熟の状態で火を止め、箸で卵を端から折り返すようにしてオムレツの形に整える。
    卵の形を整えている写真
    卵液が半熟状態になったら、まず火を止めてから、オムレツの形に整えましょう。
  8. ケチャップライスの上にオムレツをのせ、食べる寸前にオムレツを縦に切り開く。
    オムレツを切り開いている写真
    オムレツの真ん中を包丁で切り広げたら、ふわふわオムライスの完成。

<食中毒予防ポイント>

卵は賞味期限内のものを使う

卵の賞味期限

卵や卵の殻にはサルモネラ菌が付着している可能性があります。
サルモネラ菌は、70℃・1分以上の加熱で殺菌できます。目安は、卵黄も卵白もしっかり固まった状態です。半熟状態で食べる場合は、必ず賞味期限内の卵を使いましょう。卵の賞味期限は「生で食べられる期限」を示しています。ただし、期限内であっても、殻にひびの入った卵は使わないでください。


肉は中心部までしっかり加熱

肉はしっかり加熱

鶏肉にはカンピロバクター菌が付着していることがあります。
カンピロバクター菌は熱や乾燥には弱いため、75℃・1分以上の加熱で殺菌できます。加熱の際は、中心部までしっかり火を通しましょう。


肉や卵を扱った手や調理器具はそのたび洗浄

熱湯消毒

肉や卵を扱った後は、石鹸で手を洗い、使用した調理器具(まな板、包丁など)も洗浄・熱湯消毒してから次の作業を行いましょう。これによって、ほかの食材に食中毒菌が広がるのを防ぐことができます。熱湯を扱う際は、やけどに注意しましょう。


このレシピをダウンロード:ふわふわオムライスpdf(258KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved