header
玄米筍ごはん 玄米筍ごはん

<材料>(2人分)

玄米(白米でも可)
2合
ゆでたけのこ
1/2本
 
(200g程度)
油揚げ
1枚
にんじん
1/3本
万能ねぎ
2本
430cc
以下4種の調味料
 
・しょうゆ
大さじ2
・酒
大さじ2
・みりん
小さじ1
・だしの素
小さじ1/2


<作り方>

*調理前には必ず手洗いをしましょう。

  1. 玄米は洗って、たっぷりの水に3時間以上浸す(白米の場合はひたひたの水に30分以上)。
  2. たけのこは薄切り、にんじんも皮をむいて千切りに、万能ねぎは小口切りにする。
  3. 鍋に湯を沸かし、沸騰したら油揚げを入れて1〜2分茹でザルに上げる。粗熱が取れたら水気を絞って千切りにする。
    油抜きをしている写真
    油揚げの油抜きには熱湯をかける方法もありますが、少し時間をかけ十分に茹でることで味のしみ込みがよくなります。
  4. 炊飯器に水気をきった玄米と水、4種の調味料を入れて混ぜ、たけのこ、にんじん、油揚げをのせて炊く。
    玄米の水加減の写真
    玄米を炊く際の水加減は玄米の容量の1.2倍(2合の場合およそ430cc)程度が目安です。炊飯器に玄米用の目盛がある場合はそれに合わせてください。
  5. 茶碗に盛りつけ、万能ねぎを散らす。

<食中毒予防ポイント>

できるだけ早く食べ、保存する場合は、すばやく冷やして保存

できるだけ早く食べる

セレウス菌は、自然界に広く分布し、米や小麦などの穀物によく付着していることがあります。加熱調理後も温度管理が悪いと食品中で大量に増殖して食中毒を起こすことがあります(菌の発育温度帯は10〜50℃)。
このため、米飯類やめん類は作り置きせず、調理後はなるべく早く食べましょう。調理済みの食品を保存する場合は、小分けにするなどして速やかに冷まし、冷蔵庫に入れて保存してください。


このレシピをダウンロード:玄米筍ごはんpdf(211KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved