header
冬野菜とチキンのポトフ 冬野菜とチキンのポトフ

<材料>(2人分)

鶏もも肉
200g
ベーコン
2枚
じゃがいも
2個
にんじん
1本
たまねぎ
1個
キャベツ
1/3個
かぶ
2個
固形コンソメ
1個
ローリエ
1枚
ブラックペッパー
少々
800cc
粒マスタード
適宜


<作り方>

*調理前には必ず手洗いをしましょう。

  1. 鶏もも肉は一口大に、ベーコンは1cm幅に切る。
  2. じゃがいも、にんじんは皮をむいて大きめの乱切り、たまねぎは縦にくし形切りにする。
    キャベツは芯をつけたまま、かぶは根元の葉を少し残して、大きめのくし形切りにする。
    じゃがいもの面取りをしている写真
    じゃがいも、にんじんは、面取りをしておくと煮くずれしにくくなり、仕上がりもきれいです。時間に余裕がある時には面取りをしましょう。
  3. 鍋に水、コンソメ、ローリエを入れて熱し、沸騰したら1入れて強火で煮る。
  4. アクが出たら丁寧に取り、2を加えてブラックペッパーをふり、中火にして野菜が柔らかくなるまで煮る。
  5. 器に盛りつけ、お好みで粒マスタードを添える。

<食中毒予防ポイント>

急速に冷やして保存

冷蔵保存

料理は調理後できるだけ早く食べるのが原則ですが、ポトフのような煮込み料理は翌日も食べられるように、量を多めに作る家庭もあるかと思います。その場合は、冬であっても調理済み食品を室温に放置せず、必ず冷蔵庫に入れてください。また、その際にも、鍋ごと氷水に漬ける、容器を小分けにするなど、すばやく冷まして冷蔵庫に入れることが大切です。


肉を扱った手や調理器具はそのたび洗浄

熱湯消毒

生の肉には、さまざまな食中毒菌が付着している可能性があります。
肉を扱った後は、石鹸で手を洗い、使用した調理器具(まな板、包丁など)も洗浄・熱湯消毒してから次の作業を行いましょう。これによって、ほかの食材に食中毒菌が広がるのを防ぐことができます。熱湯を扱う際は、やけどに注意しましょう。


このレシピをダウンロード:冬野菜とチキンのポトフpdf(207KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved