header
おせち料理
おせち料理

新年の食卓を華やかに彩るおせち料理。
しかし、加熱・非加熱の料理を同じ重箱の中に詰める、数日間にわたって食べる場合が多いなどの理由から食中毒の予防に注意が必要です。
おせち料理を作る時には以下のことに気をつけましょう。


●調理器具は食材が変わるごとに洗浄・殺菌
おせち料理は数多くの食材を扱うので、包丁やまな板などの調理器具をしっかり洗浄しないまま使いまわすと食中毒菌の汚染を広げてしまう可能性があります。調理器具は可能であれば、肉用、魚用、野菜用などで使い分けましょう。
使い分けが難しい場合は、一つの作業が終わるたびに洗浄・熱湯消毒してから次の作業を行います。その際、手指もよく洗うことも忘れずに。また、熱湯を扱う際は、やけどに注意しましょう。


●加熱する食材は中心部までしっかり加熱
加熱する食材は、加熱温度や加熱時間に注意し、食材の中心部まで十分に火を通しましょう。
肉や魚介類、卵は75℃・1分以上(カキなどの二枚貝は85℃・1分以上)加熱することで殺菌できます。また、魚介類については調理前に真水でよく洗うことも大切です。


●日持ちする料理から作る
品数の多いおせち料理は、事前に調理のスケジュールを立ておくと安心です。その際、甘露煮や酢の物など日持ちするものから作っていくようにしましょう。早く作ったものは冷蔵庫で保存し、必要であれば途中で火を入れるようにします。




このレシピをダウンロード:おせち料理pdf(108KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved