header
バーベキュー
バーベキュー

自然に囲まれながら、家族や仲間とともに楽しむバーベキューは格別の味。
しかし、バーベキューで食中毒を起こすこともあります。
バーベキューの際には、以下のことに注意しましょう。


●生ものを扱う箸と食事用の箸は分ける
生の肉や魚介類を扱う箸と、食事用の箸は区別して、生の肉や魚介類を触った箸を直接口に入れることがないよう注意しましょう。また、生肉に触れた野菜などは十分加熱し、生焼けのまま食べないようにしてください。


●肉や魚介類は中心部までしっかり加熱
生の肉や魚介類には、その鮮度に関わらず食中毒菌が付着している可能性があります。
多くの食中毒菌は75℃・1分以上の加熱で殺菌できます(カキなどの二枚貝は85℃・1分以上)。肉や魚介類は中心部までしっかり火が通るまで待ち、生焼けの状態で食べるのは絶対にやめましょう。


●手や調理器具は食材が変わるごとに洗浄・殺菌
バーベキューの下準備をする時、生の肉や魚介類を扱った手指や調理器具(まな板や包丁など)をしっかり洗わないまま、ほかの食材を扱うと、食中毒菌の汚染を広げてしまう可能性があります。肉や魚介類を扱った後は必ず手を洗い、使用した調理器具も洗浄・熱湯消毒してから次の作業を行いましょう。また、熱湯を扱う際は、やけどに注意してください。


●肉や魚介類は冷蔵保存
肉や魚介類はクーラーボックスなどを利用して10℃以下で保存し、調理する直前に取り出します。また、クーラーボックス内で肉や魚介類の汁が漏れ、ほかの食品につかないよう、肉や魚介類はビニール袋や密閉できる容器に入れておきましょう。




このレシピをダウンロード:バーベキューpdf(113KB)

Copyright (C)2010 Bureau of Social Welfare and Public Health,Tokyo Metropolitan Govenment, All Rights Reserved