食品衛生の窓 東京都の食品安全情報サイト
たべもの安全情報館 食品事業者向け情報 調査・統計データ 東京都の取組・制度

ホームたべもの安全情報館食中毒を予防するみんな集まれ!手を洗おう普段の手洗いの方法

みんな集まれ!手を洗おう
普段の手洗いの方法
調理時の手洗いの方法
消毒薬の種類と効き目

普段の手洗いの方法

手洗いはいつやるの

  • 外出から帰ってきたとき
  • トイレの後
  • 食事の前
  • 調理時の手洗いについてはこちら

手洗いの手順

1
流水で手を洗い、石鹸をつけ手のひらをよくこする
→ 2
手の甲を伸ばすようにこする
→ 3
指先・ツメの間を念入りにこする
→
4
指の間を洗う
→ 5
親指と手のひらをねじり洗いする
→ 6
手首も忘れずに洗う
→
7 その後、十分に水で流し、清潔なタオル(またはペーパータオル)でよくふき取って乾かす

ポイント

  • 手洗いのときは腕時計や指輪をはずしましょう
  • 1度だけでなく、2度洗うとより効果があります
  • お湯を使うと、寒い季節でも十分な手洗いにつながります
  • 薬用石鹸、逆性石鹸を使うとより効果があります
    (ただし、ノロウイルスに対しては十分な効果が実証されていません)
  • 石鹸を使うときはよく泡立てましょう
  • 手を洗った後は、手荒れを防ぐためにハンドクリーム等でお手入れをしましょう

汚れが残りやすいところ

手洗いチェック専用のローションとその検出器をつかい、手洗い時に洗い残しの多い部分を調査したところ、 最も洗い残した人の割合が多かったのは、右手人差し指の先(甲側)でした。
指先と手の甲は、洗い残す人が多い傾向にあり、また、利き手は、反利き手に比べて洗い残す人が多い結果となりました。
 
  • 指先や爪の間、手のしわは汚れが残りやすいところです。特に注意して洗いましょう!
  • 利き手は、意識して丁寧に洗いましょう!
 
てのひら
てのこう 洗い残した人の割合例示

(平成22年、23年に東京都多摩小平保健所が実施した1,412名の調査結果より)

丁寧に洗うための工夫

  • 手洗いの手順の各ポイントごとに「5」を数えながらこする。
  • なぜ今手を洗うのかを意識して本当に必要なときだけ洗うようにする。
  • 手洗い、乾燥のときはハッピーバースデーを2回歌う(約20秒)。

▲このページのトップへ


▼ お問い合わせ先

事業者の方  ・都民の方



このページは東京都福祉保健局 健康安全研究センター 企画調整部 健康危機管理情報課 食品医薬品情報担当が管理しています。


▲このページのトップへ