このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局


サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 障害者 の中の 日常生活の支援・社会参加の推進 の中の 心身に障害を持つ方への支援 の中の 在宅重症心身障害児(者)訪問事業 のページです。

本文ここから
障害者

在宅重症心身障害児(者)訪問事業

 ご家族が自信を持ってお子様の在宅療育に当たれるよう、看護師がご家庭を訪問し、健康管理や看護技術の指導、療育に関する相談等の支援を行います。

対象者

 東京都内に住所を有し、在宅で生活をする重症心身障害児(者)

重症心身障害児とは
 重度の知的障害及び重度の肢体不自由が重複している児童(大島分類の1から4までに該当)を言います。児童福祉法上の概念であり、18歳までにその状態になった方です。
・申請時の年齢は問いません。
・退院予定の方は入院中から申請できます。
・成長・発達の過程で、事業対象から外れることがあります。

図 大島分類
大島分類

事業内容

訪問看護

 週1回
 看護師による訪問看護

訪問健康診査 (必要な場合のみ)

 年1回
 医師等による訪問健康診査・療育相談

その他

  • 事業の利用期間は原則1年以内です。
  • 訪問実施日・時間は原則固定です。
  • 月曜日から金曜日までの午前9時から午後5時まで。ただし、土曜日、日曜日、国民の祝日及び年末年始(12月29日から1月3日まで)は実施していません。

利用料

 利用料はかかりません。ただし、主治医の指示書にかかる費用は、利用する方の負担となります。

申込みから事業利用まで

新規申請から終了までの流れ
1 新規申請 申請窓口:保健所等
提出書類:在宅重症心身障害児(者)訪問申請書
2 保健師による面談 保健所等の担当保健師が家庭訪問等によりご本人及びご家族の状況を伺いながら、状況調査票を作成します。
3 支給決定 東京都の対象者決定会議において訪問事業の支給可否及び支給期間(原則1年以内)を決定します。
4 訪問看護を開始 主治医連絡等の諸調整後、訪問看護事業部から訪問看護を開始します。
5 終了 看護目標の達成等により事業提供は終了します。

 継続利用が必要な場合は、更新申請ができます。

提出書類

「在宅重症心身障害児(者)訪問申請書」
 保健所等で配布しています。また、このページからも印刷ができます。

申請窓口および問い合わせ先

 
23区にお住まいの方 お住まいの地区を管轄する区保健所又は保健センター
多摩地域にお住まいの方
(八王子市及び町田市を除く)
お住まいの地区を管轄する都保健所
八王子市にお住まいの方 八王子市保健所
 電話 042-645-5111
町田市にお住まいの方 町田市いきいき健康部健康課(健康福祉会館1階)
 電話 042-725-5422

特別区保健所・保健センター一覧はこちら
都保健所一覧はこちら

八王子市はこちら
町田市はこちら

注意事項

  • 在宅重症心身障害児(者)訪問事業は、ご家族が在宅での看護・療育等を実施できるよう看護師が支援するものです。そのため、看護・介護の代替や介護者の負担軽減、休養等を目的とした事業提供はしておりません。
  • 事業の詳細は、保健所等の担当保健師にお問い合わせください。
  • 事業は、全国重症心身障害児(者)を守る会に委託して実施しています。

ご案内リーフレット

 在宅重症心身障害児(者)訪問事業をご案内したリーフレットを保健所等で配布しています。また、このページからもご覧いただけます。

画像 訪問事業リーフレット表紙
リーフレット表紙

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(旧Adobe Acrobat Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe ReaderAdobe Readerのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 障害者施策推進部 施設サービス支援課 療育担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る