このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

精神保健福祉普及啓発事業

精神保健福祉普及啓発事業

東京都では、精神障害者の社会復帰及びその自立と社会経済活動への参加に対して、精神障害についての正しい知識の普及啓発を実施しています。

精神障害の正しい知識の普及により精神疾患に罹患することを防ぐ1次予防としての効果や、精神疾患にかかってしまった人について、精神障害についての医学的な理解・正しい知識の普及啓発により、早期発見早期治療を行い、重症化させない2次予防を目的とした普及啓発事業を行っております。

令和元年度 講演会

テーマ:「薬をめぐる期待と不安」

 精神疾患の治療において、薬はどんな効果があるのでしょうか。精神科における薬物療法には長い歴史があります。近年も新しい作用機序や、新しい剤形の登場、さらには新たな適応症の承認など、薬をめぐっては様々な進歩が見られます。しかし、薬に対しては、大いに期待する部分がある一方で、好ましくない作用や依存などへの不安もあります。
 この講演会では、著名な精神科医師と精神科専門薬剤師のお二人から精神科における薬物療法について忌憚のないご見解を伺います。
日時:令和元年7月9日(火) 13:00~15:50
会場:東京都戦没者霊苑 2階会議室
定員:100名
第一部 こころと薬
第二部 向精神薬の正しい理解
※入場無料 事前の申込は不要です。直接会場へお越しください。

刊行物

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 障害者施策推進部 精神保健医療課 生活支援担当(03-5320-4464) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。