このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 障害者 の中の 障害者総合支援法 の中の 強度行動障害支援者養成研修 のページです。

本文ここから

強度行動障害支援者養成研修

 行動障害を有する者のうち、生活環境への著しい不適応行動を頻回に示すいわゆる「強度行動障害」を有する者(児)は、自傷、他害行為など、危険を伴う行動を頻回に示すことなどにより、日常生活に困難が生じているため、現状では事業所での受け入れが消極的であったり、身体拘束や行動制限などの虐待につながる可能性も懸念されているところです。
 一方、障害特性の理解に基づく適切な支援を行うことにより、強度行動障害が低減し、安定した日常生活を送ることができることが知られています。
 東京都では、強度行動障害を有する者(児)に対し、適切な支援を行う職員の人材育成を目的とし、強度行動障害支援者養成研修(基礎研修・実践研修)を実施します。

 東京都強度行動障害支援者養成研修は、平成29年4月から公益財団法人東京都福祉保健財団への委託により実施しております。

2019年度東京都強度行動障害支援者養成研修(基礎)の募集は終了しました

2019年度東京都強度行動障害支援者養成研修(実践)の募集は終了しました

お問い合わせ

このページの担当は 障害者施策推進部 地域生活支援課 在宅支援担当(03-5320-4325) です。

本文ここまで


以下 奥付けです。