このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

障害者差別解消法に関する普及啓発

障害者差別解消法の出前研修を実施します!

 障害者施策推進部では、平成28年4月から施行された障害者差別解消法の趣旨の一層の普及を目的に、事業者向けの出前研修を実施します。
 実施に当たりましては、
 ・都内に所在する事業者を対象とさせていただきます。
 ・ご指定いただいた会場に、都職員が講師として伺います。(無償)
 ・聴講される人数は問いません。

 研修を希望する事業者は、下記申込書に必要項目を記入の上、メール・FAX等で、東京都権利擁護担当まで御提出ください。
【TEL】03-5320-4559   【FAX】03-5388-1413
【メールアドレス】S0000230@section.metro.tokyo.jp

東京都障害者差別解消法ハンドブック

東京都では、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」(障害者差別解消法)の施行を踏まえ、職員等の適切な対応に資するため、障害者差別解消法の趣旨や内容、日々の活動の中で配慮すべき事項等を分かりやすくまとめた「東京都障害者差別解消法ハンドブック~みんなで支え合い、つながる社会をめざして~」を作成しました。
 今後は、本ハンドブックを庁内で活用するほか、都内区市町村の職員や民間事業者にも周知を行うことなどにより、障害を理由とする差別の解消に向けた取組を推進していきます。
【ハンドブックの主な内容】
◆法の概要
・法の目的、対象範囲、行政機関等及び民間事業者に求められることなどを掲載</P>
◆法で求められること
・「不当な差別的取扱いの禁止」及び「合理的配慮の提供」についての基本的な考え方などを掲載
◆様々な場面における対応の例
・行政機関や店舗等における「案内・誘導」「相談・説明」「手続」「情報アクセシビリティ(印刷物、説明会、イベントなど)」といった場面ごとの合理的配慮の具体例を掲載
◆障害特性について
・障害を正しく理解し、障害特性に応じた対応を行えるよう、代表的な障害特性と対応時の配慮点について紹介
・「ヘルプマーク・ヘルプカード」など、関連する障害者施策についてコラムで紹介

※障害者差別解消法ハンドブックに関するお問い合わせは、ページの最後にございます、このページの担当宛に御連絡ください。

障害者差別解消法啓発動画

東京都は、障害者差別解消法の趣旨と内容について、分かりやすくまとめた動画を作成しました。

全体版

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者差別解消法啓発動画「全体編」(2分)

分割版(15秒)の動画8本をまとめた動画です!

分割版

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者差別解消法啓発動画(1)「法の概要編」(15秒)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者差別解消法啓発動画(2)「都民の責務編」(15秒)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者差別解消法啓発動画(3)「不当な差別的取扱いの禁止編」(15秒)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者差別解消法啓発動画(4)「合理的配慮の提供編」(15秒)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者差別解消法啓発動画(5)「具体例(盲導犬の入店拒否)編」(15秒)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者差別解消法啓発動画(6)「具体例(受付対応)編」(15秒)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者差別解消法啓発動画(7)「具体例(意思疎通)編」(15秒)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。障害者差別解消法啓発動画(8)「具体例(車いすのサポート)編」(15秒)

障害者差別解消法パンフレット

通常版

東京都は、都民や事業所の皆さんに向けて、障害者差別解消法を分かりやすくまとめたパンフレットを作成しました。

P1「対象範囲など」
P2「都民や事業者に期待されること」
P3「法律で定められていること」

P4「具体例(行政、学校など)」
P5「具体例(病院・福祉施設など、交通)」
P6「具体例(小売店・飲食店など、不動産仲介など)」

P7「障害者雇用促進法」
P8「それぞれの障害特性(視覚障害、聴覚障害・言語障害、盲ろう、肢体不自由、内部障害、知的障害)」

P9「それぞれの障害特性(精神障害、発達障害、高次脳機能障害、難病)」
P10「他に知っておきたいこと」

東京都のその他の取組など

わかりやすい版

内閣府作成リーフレット

東京都障害者差別解消法 合理的配慮等の好事例集(様々な場面における相談事例から)

 東京都では、共生社会・ダイバーシティの実現に向け、「合理的配慮の提供」や「不当な差別的取扱いの禁止」について、都民や事業者の理解を深め、様々な取組を進めるための一助となるよう、本事例集を作成しました。
 合理的配慮は、障害のある方の特性や事業者の事業規模、その状況に応じて提供されるものであり、多様で個別性が高いものであるため、本事例集に掲載されているものは、あくまで例示であることをご了解ください。

障害者差別解消法パネル・ポスター

東京都は、各種イベントや講演等で活用できるパネルを作成しました。区市町村や事業者の皆さんが、地域住民や職員の皆さんに向けて啓発等を進める際にご活用ください。

東京都パネル

(1)障害者差別解消法とは?
(2)対象範囲など
(3)都民や事業者に期待されること

(4)法律で定められていること
(5)具体例(行政)

(6)具体例(学校など)
(7)具体例(病院・福祉施設など)

(8)具体例(交通)
(9)具体例(小売店・飲食店など)

(10)具体例(不動産仲介など)
(11)障害者雇用促進法

(12)それぞれの障害特性(視覚障害、聴覚障害、言語障害、盲ろう)
(13)それぞれの障害特性(肢体不自由、内部障害、知的障害)

(14)それぞれの障害特性(精神障害、発達障害、高次脳機能障害、難病)
(15)ヘルプマーク・ヘルプカードなど

(16)東京都のその他の取組

内閣府ポスター

民間事業者向けチラシ

【主な内容】
法の目的について
法の対象範囲等について
不当な差別的取扱いの禁止(概要と具体例)について
合理的配慮の提供(概要と具体例)について

障害者理解促進特設サイト「ハートシティ東京」

障害者差別については、一人ひとりの障害に関する知識・理解の不足、意識の偏りに起因する面が大きいと考えられることから、障害者差別を解消するためには、障害や、障害者について理解を深めることが重要です。ハートシティ東京では、障害者差別解消法の概要に加え、障害種別での知ってほしいこと、困ったことやサポートの事例、障害者虐待防止法の紹介ページなど、心のバリアフリーを広げるための情報を発信しています。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ハートシティ東京

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 障害者施策推進部 計画課 権利擁護担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。