このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

薬物問題相談

薬物問題で悩んだり、困ったりしていませんか?
薬物乱用・依存症からの回復は可能です。
ご本人、ご家族、関係機関の方からのご相談に応じています。

『薬物依存」を正しく理解するために

「依存症」についてもっと知ろう

薬物問題相談

電話相談
まず電話にてご相談ください。
相談専用電話 03-3834-4102
祝日と年末年始を除く月曜日から金曜日の午前9時から午後5時まで

面接相談
ご希望により、面接相談(予約制)をいたします。

  • 相談することで警察に通報されることはありません。
  • ご相談は無料で、個人の秘密もお守りします。

薬物相談家族教室

ご家族自身が薬物依存症に対する正しい知識と適切な対応を学んでいただくことが必要です。

  • 薬物問題を持つご家族の方へ教育プログラムを実施しています。
  • 1コース9回シリ-ズです。どのテーマからも、何回でも参加できます。
  • 先ずは、面接相談をお受けください。

(1)日時 毎月第1・第2・第3水曜日の午後1時30分から3時30分まで
(2)会場 精神保健福祉センタ-会議室
(3)対象 薬物問題を持つご家族の方及び関係機関職員の方も参加頂けます。
(4)参加方法 電話でご相談ください。参加費は無料です。

薬物相談家族教室
講義内容 講師
1 薬物依存症からの回復パターン ダルクスタッフ
2 本人からのメッセージ ダルクスタッフ
3 薬物依存症とは センター医師
4 家族グループミーティング センター職員
5 薬物依存症に纏わる法律 弁護士
6 先輩家族からのメッセージ 回復者家族
7 家族の対応とカウンセリングについて 臨床心理士
8 薬物依存症の対応 精神科医師
9 気持ちが楽になるコミュニケーションのとり方 アサーティブトレーナー

依存症回復支援プログラム

薬物問題からの回復を目指す方ご本人を対象にしたプログラムを実施しています。

 全24回のコースです。
 どの回からでも、何回でも参加できます。
 テキストを中心にして、グループ形式で実施します。

(1)日時   毎月第1から第4火曜日の午後2時から3時30分
(2)会場   精神保健福祉センター会議室
(3)対象   薬物問題でお困りの方ご本人
(4)参加費  無料
(5)参加方法 まずは電話でご相談ください。
         ご本人との面談後、参加可否のご連絡をいたします。
         場合によっては、よりよいと思われる機関をご紹介することもあります。

お問い合わせ

このページの担当は 精神保健福祉センター 調査担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

精神保健福祉相談(こころの健康相談)

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。