東京都福祉保健局

グローバルメニューを閉じる

災害時医療救護活動ガイドラインについて

 平成23年3月に発生した東日本大震災の貴重な教訓を踏まえ、東京都では平成23年12月に東京都災害医療協議会を設置し、新たな東京都の災害医療体制について検討を重ね、その結果を東京都地域防災計画に反映させています。
 この災害時医療救護活動ガイドラインは、大規模災害発生時において、医療機能が適切に確保され、災害医療が円滑に行われるよう、「災害医療体制の基本事項」、「発災直後から超急性期・急性期」、「亜急性期から慢性期・中長期」まで、フェーズごとの医療救護活動に対する標準事項を整理し、東京都地域防災計画を具体化したものです。
 区市町村をはじめ、災害医療に携わる関係機関が、それぞれの地域や組織の実情に合わせてガイドラインを活用してください。

※本ガイドラインは、平成27年3月に開催された東京都災害医療協議会にて承認された内容となります。今後、訓練等による検証結果を踏まえ、修正を行います。
あらかじめ、御了承ください。
 

ガイドラインのダウンロード

 データは、各章ごとに分かれています。必要に応じダウンロードしてください。

お問い合わせ

このページの担当は 医療政策部 救急災害医療課 災害医療係 です。