平成31年度 制度拡充のお知らせ

・平成31年4月1日以降に開始した治療について、所得制限が905万円に緩和されました。

夫婦の前年(申請日が1月から5月の場合は前々年)の所得の合計額が905万円未満が助成の条件です。
平成31年3月31日以前に開始した治療は、これまでどおり制限額は730万円です。

所得を証明する書類について

平成31年4月1日以降に開始した治療に係る申請においては、夫婦それぞれの以下のいずれかの書類を提出してください。(コピー可)

  1. 住民税課税(非課税)証明書
  2. 住民税額決定通知書

「源泉徴収票」や「確定申告書」の控えでは受付できません。
御注意ください。

・男性不妊治療(精巣内生検採取法等に係る医療費助成)の初回の治療について

平成31年4月1日以降に行った手術について、初回に限り助成額が30万円に拡大されました。
詳しくは、概要のページをご覧ください。

お問い合わせ

このページの担当は 少子社会対策部 家庭支援課 母子医療助成担当(03-5320-4375) です。