平成20年4月17日
福 祉 保 健 局
インターネット福祉保健改革モニター アンケート結果
〜 使いやすくなった福祉保健局ホームページ 〜


 福祉改革・医療改革への御理解と福祉保健医療施策への御意見をいただくことを目的として設置している「インターネット福祉保健改革モニター」の平成19年度第3回アンケート結果がまとまりました。
 今回は、今年1月に、音声読み上げ、画面拡大、振り仮名機能を導入し、情報構成も組織別から分野別に変えて、「分野別からのご案内」を開設するなどのリニューアルをした福祉保健局のホームページについて、福祉保健改革モニター306名を対象にアンケートを実施しました。

【アンケート結果のポイント】
『乳幼児期の事故防止学習ソフト』がすぐに見つかった
「『乳幼児期の事故防止学習ソフト』がすぐ見つかった」が72.9%(Q4
「『認知症高齢者グループホーム』がすぐに見つかった」が68.0%(Q3
これらのうち「『分野からのご案内』から検索をした」が81.1%と8割を超えた。(Q5
『乳幼児期の事故防止学習ソフト』とは、東京都が2月に作成した、乳幼児期の事故防止対策を3D画像で学べる学習ソフトです。

「『分野別からのご案内』が開設されて使いやすくなった」が8割超
使いやすくなったのは「トップページに『分野からのご案内』が開設され、分野から検索できるようになった」が83.4%(Q7
探すのに時間がかかった理由では、「分野のページに掲載されている情報が多かったため」が50.0%(Q6

約半数が「表示サイズ変更機能」と「音声読み上げ機能」が便利だった
ズームサイトで便利と思うのは、「表示サイズ変更機能」が55.8%、次いで「音声読み上げ機能」が47.5%(Q10
自由意見Q11
各分野ごとのページに進むと、それぞれの分野の内容が同じ項目で整理されているため、検索しやすい。
中心となる施策やサービス情報にアクセスしやすいように、これらを目立つ場所に掲載したほうがよいと思う。
文字を大きくしたり、音声で聞くことが可能になり、便利になった。


アンケート概要
アンケート結果

【問い合わせ先】
 福祉保健局総務部総務課
 電話 03-5320-4032


<リニューアルのポイント>

1. トップページに読み上げソフトを設置し、障害者、高齢者、子ども、外国人の方等、あらゆる方が利用しやすいホームページへ
音声読み上げ、画面拡大機能、カラー変更等の機能により、視覚障害の方や高齢者の方が利用しやすくなります。
振り仮名(平仮名・ローマ字)機能により、子どもや外国人の方が利用しやすくなります。
トップページからワンクリックで音声読み上げソフトへ ─→

2. 「分野からのご案内」を開設
トップページに「分野からのご案内」を開設し、知りたい情報が検索しやすくなります。



◆ 今回のアンケート概要

テーマ: 福祉保健局ホームページについて
期 間: 平成20年3月14日(金曜日)正午から平成20年3月21日(金曜日)正午まで
方 法: インターネット(モニターがアンケート専用HPから回答を入力する)
モニター数: 306名
有効回答数: 181名
回答率: 59.2%


◆ 過去の実施アンケート

平成15年度
第1回 介護保険制度(平成15年11月)・・・回答率95.3%
第2回 第三者サービス評価制度(平成15年12月)・・・回答率91.1%
第3回 児童虐待(平成16年3月)・・・回答率93.0%

平成16年度
第1回 グループホーム・痴呆の呼称(平成16年6月)・・・回答率90.6%
第2回 養育家庭制度(平成16年10月)・・・回答率86.1%

平成17年度
第1回 超高齢社会のイメージ、高齢期の情報収集、成年後見制度(平成17年12月)・・・回答率81.0%
第2回 外出時のトイレ(平成18年3月)・・・回答率73.9%

平成18年度
第1回 福祉保健局ホームページの利用について(平成18年7月)・・・回答率78.1%
第2回 健康づくりについて(平成18年11月)・・・回答率71.0%
第3回 高齢者虐待について(平成19年2月)・・・回答率73.1%


【アンケート設問】

テーマ:福祉保健局ホームページについて

Q1.福祉保健局ホームページが1月にリニューアルしたのはご存知でしたか?

Q2.福祉保健局ホームページの内容はわかりやすいですか?

Q3.「認知症高齢者グループホーム」は見つかりましたか?

Q4.「乳幼児期の事故防止学習ソフト」は見つかりましたか?

Q5.(Q3、Q4の両方またはいずれか一方で「すぐに見つかった」を選んだ方にお聞きします。)どのような方法で探しましたか?

Q6.(Q3、Q4の両方またはいずれか一方で「時間がかかったが見つかった」を選んだ方にお聞きします。)探すのに時間がかかった理由は何ですか?当てはまるものすべて選んでください。

Q7.今回のリニューアルでは、ユーザビリティ(※)の向上のために、「分野からのご案内」を開設し、デザインの統一化を図りましたが、どの部分の改善により使いやすくなったと思いますか?当てはまるものを次の中から、3つまで選んでください。
※ユーザビリティとは、すべてのホームページの利用者が「ホームページを利用しやすいこと」を指す用語です。


Q8.(Q2で「どちらかというと、わかりにくい」「わかりにくい」を選んだ方にお聞きします。)「わかりにくい」と思われる理由は何ですか?当てはまるものを次の中から、3つまで選択してください。

Q9.今回のリニューアルでは、アクセシビリティ(※)の向上のために、読み上げソフト(=ズームサイト)を導入しましたが、ズームサイトを使用したことがありますか?
※アクセシビリティとは、ホームページを利用する高齢者、障害者、子ども、外国人の方等、あらゆる方が「ホームページの情報にアクセスできること」を指す用語です。


Q10.ズームサイトを使用してみて、どの機能が便利だと思いましたか?当てはまるものすべて選んでください。

Q11.福祉保健局ホームページについて、あなたの自由な意見をお聞かせください。【自由意見】



ページトップへ


【アンケート回答者属性】

カテゴリー名対象者回答者
全 体306181100.0




セミナー応募者845027.6
ナレッジバンク332312.7
民生委員452714.9
一般公募1307742.5
フェスタ1442.2

男性14810256.4
女性1587943.6


20代963.3
30代431910.5
40代492714.9
50代673921.5
60代946234.3
70代442815.5


会社員382714.9
団体職員(NPO含む)20105.5
自営業27189.9
福祉サービス提供事業経営者852.8
福祉サービス提供事業従事者332513.8
教職員721.1
学生531.7
主婦682714.9
無職493418.8
その他513016.6

ページトップへ


【主な回答事例】

Q1.福祉保健局ホームページが1月にリニューアルしたのはご存知でしたか?

Q1
D

福祉保健局ホームページが1月にリニューアルしたことを知っていたかについては、「知っていた」が39.2%となった。

ページトップへ


Q2.福祉保健局ホームページの内容はわかりやすいですか?

Q2
D

福祉保健局ホームページの内容がわかりやすいかどうかについては、「わかりやすい」17.7%、「どちらかというと、わかりやすい」41.4%を合わせると、59.1%に上った。

ページトップへ


Q3.「認知症高齢者グループホーム」は見つかりましたか?

Q3
D

「認知症高齢者グループホーム」については、「すぐに見つかった」68.0%と約7割がすぐに見つけることができた。

ページトップへ


Q4.「乳幼児期の事故防止学習ソフト」は見つかりましたか?

Q4
D

「乳幼児期の事故防止学習ソフト」については、「すぐに見つかった」72.9%と7割超がすぐに見つけることができた。

ページトップへ


Q5.(Q3、Q4の両方またはいずれか一方で「すぐに見つかった」を選んだ方にお聞きします。)どのような方法で探しましたか?

Q5
D

Q3、Q4の両方またはいずれか一方で「すぐに見つかった」を選んだ方で、どのような方法で探したかについては、「「分野からのご案内」から検索」が81.1%と8割を超えた。

ページトップへ


Q6.(Q3、Q4の両方またはいずれか一方で「時間がかかったが見つかった」を選んだ方にお聞きします。)探すのに時間がかかった理由は何ですか?当てはまるものすべて選んでください。

Q6
D

Q3、Q4の両方またはいずれか一方で「時間がかかったが見つかった」を選んだ方で、探すのに時間がかかった理由については、「分野のページに掲載されている情報が多かったため」50.0%が最も多く、次いで「検索した結果の一覧からどれを選択すればよいのかわからなかったため」が37.1%であった。

ページトップへ


Q7.今回のリニューアルでは、ユーザビリティ(※)の向上のために、「分野からのご案内」を開設し、デザインの統一化を図りましたが、どの部分の改善により使いやすくなったと思いますか?当てはまるものを次の中から、3つまで選んでください。
※ユーザビリティとは、すべてのホームページの利用者が「ホームページを利用しやすいこと」を指す用語です。

Q7
D

どの部分の改善により使いやすくなったと思うかについては、「トップページに「分野からのご案内」が開設され、分野から検索できるようになったこと」が83.4%と最も多く、次いで「ページ上部に、分野別ページに移動できるボタンが設置され、どのページからでも、他の分野別ページを見られるようになったこと」58.0%であった。

ページトップへ


Q8.(Q2で「どちらかというと、わかりにくい」「わかりにくい」を選んだ方にお聞きします。)「わかりにくい」と思われる理由は何ですか?当てはまるものを次の中から、3つまで選択してください。

Q8
D

Q2で「どちらかというと、わかりにくい」「わかりにくい」を選んだ方で、わかりにくいと思われる理由については、「分野別ページの情報が多いから」が40.0%で最も多かった。

ページトップへ


Q9.今回のリニューアルでは、アクセシビリティ(※)の向上のために、読み上げソフト(=ズームサイト)を導入しましたが、ズームサイトを使用したことがありますか?
※アクセシビリティとは、ホームページを利用する高齢者、障害者、子ども、外国人の方等、あらゆる方が「ホームページの情報にアクセスできること」を指す用語です。

Q9
D

ズームサイトを使用したことがあるかについては、「使用したことがある」が8.8%であった。

ページトップへ


Q10.ズームサイトを使用してみて、どの機能が便利だと思いましたか?当てはまるものすべて選んでください。

Q10
D

ズームサイトを使用してみて、どの機能が便利だと思ったかについては、「表示サイズ変更(文字の大きさ変更)機能」55.8%で最も多く、次いで「音声読み上げ機能」47.5%であった。

ページトップへ


Q11.福祉保健局ホームページについて、あなたの自由な意見をお聞かせください。【自由意見】

1検索方法に関するもの 30件
トップページに「分野からのご案内」ができて、各分野から探すことができるようになり、検索しやすくなった。(女性,30代,福祉サービス提供事業従事者)
各分野ごとのページに進むと、それぞれの分野の内容が同じ項目で整理されているため、検索しやすい。(男性,60代,無職)
ナビゲーションはよくなったが、必要以上に階層が深いページがあり、検索に時間がかかる。(女性,30代,無職)

2デザインに関するもの 26件
見やすく、親しみやすくなったと思う。(女性,30代,会社員)
トップページは上品な色彩で見やすいが、それぞれの項目に進むと文字が多いため、アイコンなど入れて見やすくしたほうがよいと思う。(男性,40代,福祉サービス提供事業従事者)
中心となる施策やサービス情報にアクセスしやすいように、これらを目立つ場所に掲載したほうがよいと思う。(男性,40代,自営業)
「分野からのご案内」が報道発表の上にあってもよいと思う。(男性,30代,福祉サービス提供事業従事者)

3掲載情報に関するもの 20件
情報満載で分かりやすい。(女性,60代,無職)
情報が簡潔に整理されていると思う。(女性,50代,自営業)
全体的に項目が多すぎて、知りたい情報にたどり着くのに時間がかかる。(男性,50代,その他)

4ズームサイトに関するもの 20件
文字を大きくしたり、音声で聞くことが可能になり、便利になった。(男性70歳以上,無職)
音声読み上げで速度と音量の変更ができ、自分に合った方法で使用できるのはよいと思う。(女性,50代,福祉サービス提供事業従事者)
ズームサイトを利用できるようになったことはよいが、もっと簡単に起動できるようにしてほしい。(女性,70歳以上,主婦)

5その他 29件
ページの最下部に、担当窓口が表記されているものがあり、対応の丁寧さが感じられた。(男性,30代,福祉サービス提供事業従事者)
関係者の意見を十分反映したシステムの維持がアクセス数を増やす大きな要因になると思うので、定期的に改善してほしい。(女性,60代,主婦)
リレー連載のような、都民が参加できるページがあればよい。(男性,40代,会社員)

ページトップへ