平成20年11月4日
福 祉 保 健 局
インターネット福祉保健モニター アンケート結果
〜 「民生委員・児童委員」について 〜


 東京都内では、約1万人の民生委員・児童委員が、地域の高齢者や子育て世帯、生活にお困りの方などの相談に応じ、福祉事務所や児童相談所等とも連携しながら見守りや支援を行っています。
 近年、地域福祉の課題は多様化し、民生委員・児童委員の活動も増える傾向にあることから、現在、東京都では東京都民生児童委員連合会と共同で民生委員・児童委員制度検討委員会を発足し、今後の活動のあり方等について議論を進めています。
 そこで、「民生委員・児童委員」について、都民の皆様により一層の周知を図り、今後の活動の参考とするため、アンケートを実施しました。

【アンケート結果のポイント】
「民生委員・児童委員を知っていた人は89%
「民生委員・児童委員」について、「知っていた」56.9%と「民生委員は知っていたが、児童委員を兼務していることは知らなかった」31.7%を合わせると89%に上った。(Q1

「民生委員・児童委員」に期待する活動は、「地域の子どもや一人暮らし高齢者等の見守り」が71%でトップ
「民生委員・児童委員」に期待する活動について、「地域の子どもや一人暮らし高齢者等の見守り」が71.3%と最も多く、次いで「行政や福祉の専門機関との連絡・調整を行うこと」が59.3%、「困った時に身近で相談にのること」が58.7%であった。(Q6

「民生委員・児童委員」の候補者として推薦されたらやってみたいと思う人が61%
「『民生委員・児童委員』又は『主任児童委員』の候補者として推薦された場合にやってみたいと思うか」について「やってみたいと思う」16.2%、「条件が整えばやってもよいと思う」44.3%を合わせると61%に上った。(Q8

「民生委員・児童委員」に協力できることは、「困っている人を見つけた時に民生委員・児童委員に連絡すること」が67%でトップ
日々の生活や地域での活動を通じて「民生委員・児童委員・主任児童委員」に協力できることは、「困っている人を見つけた時に民生委員・児童委員に連絡すること」が67.1%と最も多く、次いで「地域の子どもや一人暮らし高齢者等の見守り活動を行うこと」が53.9%、「地域住民へ福祉サービスに関する情報提供を行うこと」が50.9%であった。(Q11

「主任児童委員」は、「民生委員・児童委員」の中から指名され、児童福祉に関することを専ら担当し、児童相談所や学校等の関係機関と「民生委員・児童委員」の連絡調整を行っています。

アンケート概要
アンケート結果

【問い合わせ先】
 福祉保健局総務部総務課
 電話 03-5320-4032



◆ 今回のアンケート概要

テーマ: 「民生委員・児童委員」について
期 間: 平成20年9月29日(月曜日)正午から平成20年10月10日(金曜日)正午まで
方 法: インターネット(モニターがアンケート専用HPから回答を入力する)
モニター数: 263名
有効回答数: 167名
回答率: 63.5%


◆ 過去の実施アンケート

平成15年度
第1回 介護保険制度(平成15年11月)・・・回答率95.3%
第2回 第三者サービス評価制度(平成15年12月)・・・回答率91.1%
第3回 児童虐待(平成16年3月)・・・回答率93.0%

平成16年度
第1回 グループホーム・痴呆の呼称(平成16年6月)・・・回答率90.6%
第2回 養育家庭制度(平成16年10月)・・・回答率86.1%

平成17年度
第1回 超高齢社会のイメージ、高齢期の情報収集、成年後見制度(平成17年12月)・・・回答率81.0%
第2回 外出時のトイレ(平成18年3月)・・・回答率73.9%

平成18年度
第1回 福祉保健局ホームページの利用について(平成18年7月)・・・回答率78.1%
第2回 健康づくりについて(平成18年11月)・・・回答率71.0%
第3回 高齢者虐待について(平成19年2月)・・・回答率73.1%

平成19年度
第1回 福祉のまちづくりについて(平成19年8月)・・・回答率70.9%
第2回 家庭福祉員(保育ママ)について(平成20年2月)・・・回答率64.7%
第3回 ホームページについて(平成20年3月)・・・回答率59.2%



【アンケート設問】

テーマ:「民生委員・児童委員」について

Q1.あなたは、以前から民生委員・児童委員についてご存知でしたか。次の中から1つ選んでください。

Q2.Q1で「1.知っていた」、「2.民生委員は知っていたが、児童委員を兼務していることは知らなかった」「3.聞いたことがあるが詳しくは知らなかった」を選んだ方にお聞きします。民生委員・児童委員について、どのように知りましたか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q3.あなたは、以前から主任児童委員をご存知でしたか。次の中から1つ選んでください。

Q4.Q3で「1.知っていた」、「2.聞いたことがあるが詳しくは知らなかった」を選んだ方にお聞きします。主任児童委員について、どのように知りましたか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q5.現在、民生委員・児童委員及び主任児童委員について、充分な周知がされていると思いますか。次の中から1つ選んでください。

Q6.民生委員・児童委員は次に掲げる様々な活動を行っていますが、あなたが特に民生委員・児童委員の方に期待するのはどのような活動ですか。次の中から3つ選んでください。

Q7.仮に、あなたが民生委員・児童委員に相談したいことがある場合、あなたが相談しやすい民生委員・児童委員の要件は何ですか。次の中から3つ選んでください。

Q8.あなたがもし、民生委員・児童委員又は主任児童委員の候補者として推薦された場合、民生委員・児童委員又は主任児童委員をやってみたいと思いますか。次の中から1つ選んでください。

Q9.あなたがもし、民生委員・児童委員、主任児童委員をやるとしたら、どのような条件が必要だと思いますか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q10.あなたは、お住まいの地域の民生委員・児童委員または主任児童委員をより詳しく知ってみたい、または活動に協力してみたいと思いますか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q11.あなたは、日々の生活や地域での活動を通じて、どのようなことであれば民生委員・児童委員、主任児童委員に協力できると思いますか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q12.今後、民生委員・児童委員及び主任児童委員を地域住民の皆様によく知ってもらうためには、どのような方法が望ましいと思いますか。次の中から有効と思うものを3つ選んでください。

Q13.民生委員・児童委員及び主任児童委員全般について、あなたのご意見をお聞かせください。(自由記述)



ページトップへ


【アンケート回答者属性】

カテゴリー名回答者
全 体167100.0




セミナー応募者5029.9
ナレッジバンク2414.4
民生委員00.0
一般公募9053.9
フェスタ31.8

男性9657.5
女性7142.5


20代84.8
30代1810.8
40代3621.6
50代2816.8
60代4627.5
70代3118.5


会社員2313.8
団体職員(NPO含む)137.8
自営業148.4
福祉サービス提供事業経営者63.6
福祉サービス提供事業従事者2816.7
教職員42.4
学生31.8
主婦2313.8
無職2615.5
その他2716.2

ページトップへ


【主な回答事例】

Q1.あなたは、以前から民生委員・児童委員についてご存知でしたか。次の中から1つ選んでください。

Q1
D

民生委員・児童委員について知っていたかについては、「知っていた」56.9%、「民生委員は知っていたが、児童委員を兼務していることは知らなかった」31.7%を合わせると、88.6%に上った。

ページトップへ


Q2.Q1で「1.知っていた」、「2.民生委員は知っていたが、児童委員を兼務していることは知らなかった」「3.聞いたことがあるが詳しくは知らなかった」を選んだ方にお聞きします。民生委員・児童委員について、どのように知りましたか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q2
D

民生委員・児童委員について、どのように知ったかについては、「都や区市町村の広報誌等で見たことがある」が60.4%と最も多く、次いで「人づてに(知り合い等から)聞いたことがある」38.4%、「テレビや新聞で見たことがある」35.4%の順であった。

ページトップへ


Q3.あなたは、以前から主任児童委員をご存知でしたか。次の中から1つ選んでください。

Q3
D

主任児童委員について知っていたかについては、「知っていた」23.9%、「聞いたことがあるが詳しくは知らなかった」7.8%を合わせると、37.1%であった。

ページトップへ


Q4.Q3で「1.知っていた」、「2.聞いたことがあるが詳しくは知らなかった」を選んだ方にお聞きします。主任児童委員について、どのように知りましたか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q4
D

主任児童委員について、どのように知ったかについては、「都や区市町村の広報誌等で見たことがある」が58.1%と最も多く、次いで「人づてに(知り合い等から)聞いたことがある」30.6%、「学校や地域の行事等で会ったことがある」27.4%の順であった。

ページトップへ


Q5.現在、民生委員・児童委員及び主任児童委員について、充分な周知がされていると思いますか。次の中から1つ選んでください。

Q5
D

民生委員・児童委員及び主任児童委員について、充分な周知がされていると思うかについては、「充分周知されていると思う」1.2%と「ある程度周知されていると思う」30.5%を合わせると、31.7%であった。

ページトップへ


Q6.民生委員・児童委員は次に掲げる様々な活動を行っていますが、あなたが特に民生委員・児童委員の方に期待するのはどのような活動ですか。次の中から3つ選んでください。

Q6
D

民生委員・児童委員に期待する活動については、「地域の子どもや一人暮らし高齢者等の見守り」が71.3%と最も多く、次いで「相談のあったこと等について行政や福祉の専門機関につなぎ、連絡・調整を行うこと」59.3%、「地域住民が福祉に関して困った時に身近で相談にのること」58.7%の順であった。

ページトップへ


Q7.仮に、あなたが民生委員・児童委員に相談したいことがある場合、あなたが相談しやすい民生委員・児童委員の要件は何ですか。次の中から3つ選んでください。

Q7
D

相談しやすい民生委員・児童委員の要件については、「福祉の制度に関する専門的な知識を持っていること」が79.0%と最も多く、次いで「何人かから相談する人を選ぶことができること」62.3%、「連絡先を知っていること」48.5%の順であった。

ページトップへ


Q8.あなたがもし、民生委員・児童委員又は主任児童委員の候補者として推薦された場合、民生委員・児童委員又は主任児童委員をやってみたいと思いますか。次の中から1つ選んでください。

Q8
D

民生委員・児童委員又は主任児童委員をやってみたいかについては、「やってみたいと思う」16.2%、「条件が整えばやってもよいと思う」44.3%を合わせると60.5%であった。

ページトップへ


Q9.あなたがもし、民生委員・児童委員、主任児童委員をやるとしたら、どのような条件が必要だと思いますか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q9
D

民生委員・児童委員、主任児童委員をやるとしたら、どのような条件が必要だと思うかについては、「活動で困った時にフォローしてくれる仕組みがあること」が78.4%と最も多く、次いで「研修体制がしっかりしていること」76.0%、「業務内容が明確であること」70.1%の順であった。

ページトップへ


Q10.あなたは、お住まいの地域の民生委員・児童委員または主任児童委員をより詳しく知ってみたい、または活動に協力してみたいと思いますか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q10
D

民生委員・児童委員または主任児童委員をより詳しく知ってみたい、または活動に協力してみたいと思うかについては、「住民としてできることがあれば協力したい」が67.1%と最も多く、次いで「民生委員・児童委員、主任児童委員の活動を詳しく知りたい」48.5%、「現在行っている仕事や地域活動を活かして協力したい」44.9%の順であった。

ページトップへ


Q11.あなたは、日々の生活や地域での活動を通じて、どのようなことであれば民生委員・児童委員、主任児童委員に協力できると思いますか。次の中からあてはまるものをすべて選んでください。

Q11
D

どのようなことであれば民生委員・児童委員、主任児童委員に協力できると思うかについては、「困っている人を見つけた時に民生委員・児童委員、主任児童委員に連絡すること」が67.1%と最も多く、次いで「民生委員・児童委員、主任児童委員とともに、地域の子どもや一人暮らし高齢者等の見守り活動を行うこと」53.9%、「民生委員・児童委員、主任児童委員に協力して、地域住民への福祉サービスに関する情報提供を行うこと」50.9%の順であった。

ページトップへ


Q12.今後、民生委員・児童委員及び主任児童委員を地域住民の皆様によく知ってもらうためには、どのような方法が望ましいと思いますか。次の中から有効と思うものを3つ選んでください。

Q12
D

民生委員・児童委員及び主任児童委員を地域住民の皆様によく知ってもらうためには、どのような方法が望ましいと思うかについては、「民生委員・児童委員及び主任児童委員の活動に関するポスターやリーフレット等を作成し、地域に配布すること」が61.1%と最も多く、次いで「学校や地域の行事等に民生委員・児童委員及び主任児童委員が参加し、PRすること」55.1%、「ふれあいサロンや子育てサロン等、民生委員・児童委員及び主任児童委員が地域住民と関わる場を設けること」52.1%の順であった。

ページトップへ


Q13.民生委員・児童委員及び主任児童委員全般について、あなたのご意見をお聞かせください。(自由記述)

1広報・普及活動に関するもの 39件
常に誰が民生委員であるかを地域の住民が把握できるようにした方がよいと思う。自分が住んでいる地域の担当がいるのであれば、その人について特に把握できるようにした方がよいと思う。(男性,40代以上,福祉サービス提供事業従事者)
学校、自治会や町会を通して広く広報されることが望ましいと思う。(女性,40代,主婦)
もっと、地域のイベントなどで、活動状況を宣伝してほしい。(男性,70代以上,無職)

2「民生委員・児童委員」の人材確保や資質に関するもの 32件
地域の住民に信頼される人を選んでほしい。(女性,70代以上,主婦)
いろいろな事に対応できる知識が必要だと思う。(女性,60代,その他)
ある程度均一の対応や援助技術なども習得してほしいと思う。(女性,40代,福祉サービス提供事業従事者)

3制度全般の充実・改善・運用に関するもの 23件
若い世代や働く人が参加できる仕組み、自発的な活動ができる仕組みに再構築する必要があると思う。(女性,50代,自営業)
子供の数の増加している地域では、児童福祉の分野に知識の深い人の割合を増やすなど、各地域のニーズに見合った民生委員・児童委員の配置が求められていると思う。(女性,20代以上,学生)
民生委員・児童委員の選出基準を明確化し、活動内容、責任範囲を開示することが大切だと思う。また、民生委員・児童委員自身の研修や法律の学習も必須として、ある程度客観的に適任能力をチェックする体制が必要だと思う。(女性,50代,無職)

4その他 40件
純粋なボランティアで推進するにはそれなりにモチベーションが維持できる環境作りが必要だと思う。(男性,50代以上,会社員)
児童に関わる様々な社会問題や高齢化に伴う老老介護や高齢者のみの世帯の方々への身近な相談役として、これから更にニーズのある役割だと思う。厚生労働大臣任命の立場でもあるので、各関係機関とも連携し、実用的に活動されることを望む。(男性,40代,福祉サービス提供事業従事者)

ページトップへ