平成21年10月5日
福 祉 保 健 局
インターネット福祉保健モニター アンケート結果
〜 「新型インフルエンザ」について 〜


 新型インフルエンザの感染が拡大しており、国内でも重症化や死亡例が確認されています。
 東京都においても様々な新型インフルエンザ対策を実施していますが、「新型インフルエンザ」について、都民の皆様により一層の周知を図り、今後の取組の参考とするため、インターネット福祉保健モニターに登録している都民の方を対象にアンケートを実施しました。

【アンケート結果のポイント】
「新型インフルエンザ」に不安がある人は87%
新型インフルエンザについて、不安がある(「非常にある」+「少しある」)人の割合は、87.0%と9割近くであった。(Q1

「新型インフルエンザについて最も知りたいことは、約3人に1人が「治療方法、治療薬」と回答
新型インフルエンザについて、最も知りたいことを聞いたところ、最も割合が高かったのが「治療方法・治療薬」の32.8%で約3人に1人、次いで、「受診可能医療機関」の24.0%であった。(Q3

東京都の新型インフルエンザ対策を「知っていた」人の割合は約6割
東京都がどのような新型インフルエンザ対策を実施しているかを知っていたか聞いたところ、「多少知っていた」の割合が最も高く47.9%であった。「よく知っていた」の10.9%と合わせると、58.9%と約6割が「知っていた」と回答した。(Q6

新型インフルエンザが流行した際、「帰宅時に手洗いやうがいをした」人の割合は88%
新型インフルエンザが流行した際の行動について複数回答で聞いたところ、「帰宅時に手洗いやうがいをした」の割合が最も高く、88.0%と約9割、次いで「十分に睡眠や栄養をとり、体力の維持に努めた」の63.5%となっている。(Q9

新型インフルエンザのワクチン接種について気になることは、「接種を希望してもワクチンが不足していて受けられないのではないか」「副作用があるのではないか」が6割以上
新型インフルエンザのワクチンの接種について気になることを複数回答で聞いたところ、「接種を希望してもワクチンが不足していて受けられないのではないか」の割合が66.1%、「副作用があるのではないか」が65.6%で、それぞれ6割を超えている。(Q15

アンケート概要
アンケート結果

【問い合わせ先】
 福祉保健局総務部総務課 
 電話 03-5320-4032



◆ 今回のアンケート概要

テーマ: 「新型インフルエンザ」について
期 間: 平成21年9月2日(水曜日)正午から平成21年9月16日(水曜日)正午まで
方 法: インターネット(モニターがアンケート専用HPから回答を入力する)
モニター数: 320名
有効回答数: 192名
回答率: 60.0%


◆ 過去の実施アンケート

平成15年度
第1回 介護保険制度(平成15年11月)・・・回答率95.3%
第2回 第三者サービス評価制度(平成15年12月)・・・回答率91.1%
第3回 児童虐待(平成16年3月)・・・回答率93.0%

平成16年度
第1回 グループホーム・痴呆の呼称(平成16年6月)・・・回答率90.6%
第2回 養育家庭制度(平成16年10月)・・・回答率86.1%

平成17年度
第1回 超高齢社会のイメージ、高齢期の情報収集、成年後見制度(平成17年12月)・・・回答率81.0%
第2回 外出時のトイレ(平成18年3月)・・・回答率73.9%

平成18年度
第1回 福祉保健局ホームページの利用について(平成18年7月)・・・回答率78.1%
第2回 健康づくりについて(平成18年11月)・・・回答率71.0%
第3回 高齢者虐待について(平成19年2月)・・・回答率73.1%

平成19年度
第1回 福祉のまちづくりについて(平成19年8月)・・・回答率70.9%
第2回 家庭福祉員(保育ママ)について(平成20年2月)・・・回答率64.7%
第3回 ホームページについて(平成20年3月)・・・回答率59.2%

平成20年度
第1回 「食の安全」について(平成20年7月)・・・回答率63.7%
第2回 「民生委員・児童委員」について(平成20年9月)・・・回答率63.5%
第3回 「地域包括支援センター」について(平成20年11月)・・・回答率62.7%



【アンケート設問】

テーマ:「新型インフルエンザ」について

Q1.あなたは新型インフルエンザに対して不安がありますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q2.Q1で「非常にある」「少しある」と答えた方へお聞きします。それはどのような不安ですか?次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q3.あなたは、新型インフルエンザについてどのようなことを知りたいですか。次の中から最も知りたいものを1つ選んでください。

Q4.新型インフルエンザについて、どのような手段で情報を収集しますか。次の中から重視している手段を3つまで選んでください。

Q4-1.Q4で選択した中で最も重視している手段を1つ選んでください。

Q5.現在流行している新型インフルエンザについては、次のような特性があると言われていますが、あなたはこのアンケートを見る前から知っていましたか。

Q6.あなたは、このアンケートを見る前から、東京都が、どのような新型インフルエンザ対策を実施しているか知っていましたか?次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q7.あなたは、新型インフルエンザの流行により外出自粛の呼びかけが、行政機関から出された場合どうしますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q8.あなたは、このアンケートを見る前から「咳エチケット」について知っていましたか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q9.今年5月以降、新型インフルエンザが流行した際のあなたの行動についてお伺いします。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q10.あなたは、かかりつけの医療機関がありますか。いずれか1つ選んでください。

Q11.新型インフルエンザの症状には、突然の高熱、せき、のどの痛み、全身倦怠感などがあります。あなたは、このような症状が出た場合、どのように行動しますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q12.海外の報告事例等によれば、新型インフルエンザは、基礎疾患のある方(ぜん息など慢性の呼吸器疾患のある方、心疾患のある方、糖尿病の方、免疫不全の方)や妊娠中の方などが重症化しやすいとされています。あなたは、基礎疾患があるか又は現在妊娠中ですか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q13.Q12で「はい」と答えた方にお聞きします。新型インフルエンザを疑う症状が出た場合の受診方法について、かかりつけ医等に相談していますか。いずれか1つ選んでください。

Q14.あなたは新型インフルエンザのワクチンを接種したいと思いますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q15.あなたは新型インフルエンザのワクチン接種について気になることがありますか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q16.国や自治体が実施している新型インフルエンザ対策について、ご意見があればお聞かせください。(自由記述)



ページトップへ


【アンケート回答者属性】

カテゴリー名回答者
全 体192100.0

男性10353.6
女性8946.4


20代31.6
30代199.9
40代3518.2
50代3920.3
60代5629.2
70歳以上4020.8


会社員2412.5
団体職員(NPO含む)147.3
自営業168.3
福祉サービス提供事業経営者63.1
福祉サービス提供事業従事者2613.5
教職員31.6
主婦4121.4
無職2915.1
その他3317.2

ページトップへ


【主な回答事例】

Q1.あなたは新型インフルエンザに対して不安がありますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q1
D

新型インフルエンザについて、不安がある(「非常にある」+「少しある」)人の割合は、87.0%と9割近くであった。

ページトップへ


Q2.Q1で「非常にある」「少しある」と答えた方へお聞きします。それはどのような不安ですか?次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q2
D

Q1で、不安が「非常にある」「少しある」を選んだ167人に、その内容を聞いたところ、最も割合が高かったのが、「家族や友人に感染させるかもしれない」で73.1%、次に「重症化するかもしれない」の67.1%であった。

ページトップへ


Q3.あなたは、新型インフルエンザについてどのようなことを知りたいですか。次の中から最も知りたいものを1つ選んでください。

Q3
D

新型インフルエンザについて、最も知りたいことを聞いたところ、最も割合が高かったのが「治療方法・治療薬」の32.8%で約3人に1人、次いで、「受診可能医療機関」の24.0%であった。

ページトップへ


Q4.新型インフルエンザについて、どのような手段で情報を収集しますか。次の中から重視している手段を3つまで選んでください。

Q4
D

新型インフルエンザについての情報をどのような方法で収集しているかを3つまでの複数回答で聞いたところ、最も割合が高かったのは「新聞」の84.9%、次いで「テレビ」の83.3%でそれぞれ8割を超えている。

ページトップへ


Q4-1.Q4で選択した中で最も重視している手段を1つ選んでください。

Q4-1
D

Q4で選択した新型インフルエンザの情報収集手段のうち、最も重視している手段を聞いたところ、「テレビ」の割合が最も高く、45.3%、次いで「新聞」の21.4%であった。

ページトップへ


Q5.現在流行している新型インフルエンザについては、次のような特性があると言われていますが、あなたはこのアンケートを見る前から知っていましたか。当てはまるものを1つ選んでください。

Q5
D

現在流行している新型インフルエンザについての特性について知っていたかどうかを聞いたところ、すべての項目で、「知っていた」の割合が8割を超えていた。特に「知っていた」の割合が高かったのは、「通常のインフルエンザと同様、感染した人の咳、くしゃみなどの飛沫とともに放出されたウイルスを吸い込むことで感染する(飛沫感染)」の97.4%、「心臓や腎臓などに基礎疾患を有する方や妊娠中の女性、高齢者、幼児などが感染すると、重症化する恐れが高い」の96.9%で、それぞれ95%を超えている。

ページトップへ


Q6.あなたは、このアンケートを見る前から、東京都が、どのような新型インフルエンザ対策を実施しているか知っていましたか?次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q6
D

東京都がどのような新型インフルエンザ対策を実施しているかを知っていたか聞いたところ、「多少知っていた」の割合が最も高く47.9%であった。「よく知っていた」の10.9%と合わせると、58.9%と約6割が「知っていた」と回答した。

東京都が行っている新型インフルエンザ対策の例

1. 都民の方への感染予防策の周知徹底(ホームページのへの掲載、リーフレット・ポスター等の作成)
2. 抗インフルエンザウイルス薬の備蓄(平成22年度までにタミフル、リレンザ各400万人分)
3. 新型インフルエンザ発生時における医療従事者等向けの個人防護服等の備蓄(平成22年度までに約400万セット)
4. 入院患者を受け入れる医療機関が、施設を改修したり、人工呼吸器等の医療資器材を購入したりする際の補助
5. 新型インフルエンザの診断に必要なPCR検査(遺伝子検査)
6. 新型インフルエンザウイルスの変異(タミフルなどが効かなくなっていないか、ウイルスの毒性が強まっていないか)の監視

ページトップへ


Q7.あなたは、新型インフルエンザの流行により外出自粛の呼びかけが、行政機関から出された場合どうしますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q7
D

行政機関から外出自粛の呼びかけが出された場合にどうするか聞いたところ、「進んで協力する」の割合が56.3%と最も高かった。「やむをえない場合は協力する」の41.1%と合わせると、97.4%の人が「協力する」と回答した。

ページトップへ


Q8.あなたは、このアンケートを見る前から「咳エチケット」について知っていましたか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q8
D

「咳エチケット」について知っていたかどうか聞いたところ、「よく知っていた」の割合が最も高く、63.0%と6割を超えていた。

※「咳エチケット」とは・・・・

咳、くしゃみの症状があるときはマスクをする
咳、くしゃみをするときは、口と鼻をティッシュなどで覆う
咳、くしゃみをするときは、周りの人から顔をそむける

ページトップへ


Q9.今年5月以降、新型インフルエンザが流行した際のあなたの行動についてお伺いします。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q9-1
D

新型インフルエンザが流行した際の行動について複数回答で聞いたところ、「帰宅時に手洗いやうがいをした」の割合が最も高く、88.0%と約9割、次いで「十分に睡眠や栄養をとり、体力の維持に努めた」の63.5%となっている。

ページトップへ


Q10.あなたは、かかりつけの医療機関がありますか。いずれか1つ選んでください。

Q10
D

かかりつけの医療機関があるか聞いたところ、「はい」と回答した人が77.6%であった。

ページトップへ


Q11.新型インフルエンザの症状には、突然の高熱、せき、のどの痛み、全身倦怠感などがあります。あなたは、このような症状が出た場合、どのように行動しますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q11
D

新型インフルエンザの症状が出た際にどのように行動するか聞いたところ、「いつもかかっている医療機関に連絡し、受診方法等を確認してから受診する」の割合が最も高く、67.7%であった。

ページトップへ


Q12.海外の報告事例等によれば、新型インフルエンザは、基礎疾患のある方(ぜん息など慢性の呼吸器疾患のある方、心疾患のある方、糖尿病の方、免疫不全の方)や妊娠中の方などが重症化しやすいとされています。あなたは、基礎疾患があるか又は現在妊娠中ですか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q12
D

基礎疾患があるか又は現在妊娠中か聞いたところ、「はい」の割合が19.8%と約2割であった。

ページトップへ


Q13.Q12で「はい」と答えた方にお聞きします。新型インフルエンザを疑う症状が出た場合の受診方法について、かかりつけ医等に相談していますか。いずれか1つ選んでください。

Q13
D

Q12で基礎疾患があるか又は現在妊娠していると答えた38人に、新型インフルエンザを疑う症状が出た際の受診方法についてかかりつけ医等に相談しているか聞いたところ、「はい」の割合が65.8%であったが、相談していない人も34.2%と3割以上であった。

ページトップへ


Q14.あなたは新型インフルエンザのワクチンを接種したいと思いますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q14
D

新型インフルエンザのワクチンを接種したいか聞いたところ、「はい」の割合が63.5%であった。

ページトップへ


Q15.あなたは新型インフルエンザのワクチン接種について気になることがありますか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q15
D

新型インフルエンザのワクチンの接種について気になることを複数回答で聞いたところ、「接種を希望してもワクチンが不足していて受けられないのではないか」の割合が66.1%、「副作用があるのではないか」が65.6%で、それぞれ6割を超えている。

ページトップへ


Q16.国や自治体が実施している新型インフルエンザ対策について、ご意見があればお聞かせください。(自由記述)

 国や自治体が実施している新型インフルエンザ対策については、132件の自由意見が寄せられた。「ワクチン、治療薬に関するもの」が44件「広報・普及活動に関するもの」42件とそれぞれ40件を超えていた。また、「新型インフルエンザ対策一般に関するもの」は30件、その他の意見が16件であった。主な意見は以下の通りである。

1新型インフルエンザ対策一般に関するもの 30件
当初、成田空港で機内検疫を行った頃に比べ、行政や医療機関の緊張感が薄れたように感じられてならない。いたずらに不安をあおってはいけないが、しかし秋冬期に大流行が予想されるのだから、予防についての啓蒙活動にはもっと積極的であってもらいたい。また、医療機関の取り組み体制を、きちんとチェックしてもらいたい。(男性,70歳以上,無職)
新型インフルエンザがはやり始めた当初(5月頃)隔離するなど、恐怖心を抱かせる対策が行われたが、冷静な判断と対応が出来なかったものかと思います。(女性,70歳以上,主婦)

2広報・普及活動に関するもの 42件
正確な情報をなるべく迅速に、冷静に発信してほしい。むやみに煽り立てたり、大げさに吹聴したりするのはやめてほしい。(女性,20代,その他)
自分でできる予防方法や各自治体がとっている対策についてのインフォメーションが足りないと思う。これらのことを周知させることで国民全体の安心感が増し、よけいなパニックを引き起こす可能性を低くできるのではないかと思う。(男性,50代,その他)
新型インフルエンザについての知識、予防対策などの広報活動を強めて、誰でもが周知出来る体制が必要と思います。例えば、インターネットだと限られた範囲の人になりますが、新聞の折込にリーフレットなどの広報活動で、新型インフルエンザの恐ろしさを伝えることも、一つの方法と思います。(男性,70歳以上,無職)
最新情報(罹患者数、学級・学校閉鎖をしている地域など)を常にニュース番組等で教えて欲しい。また、まだ「咳エチケット」をしていない人が多く見受けられるので、もっと広く人々に知らしめて欲しい。(女性,40代,団体職員(NPO含む))

3ワクチン、治療薬に関するもの 44件
ワクチンなどの準備(量的)が遅いと思います。海外の例を含めもっと速やかに準備すべきでなかったか。(男性,60代,団体職員(NPO含む))
ワクチンの準備が出来次第、優先順位の高い人に接種させないと、ピークまでに死者が増加するのではと思う。また、安価または無料で接種しないと、流行は収まらない。もっと、早く対応してほしい。(女性,40代,自営業)
ワクチンを輸入するといっているようだが、安全性についてはしっかりと確認をしたうえで行ってほしいと思う。(男性,40代,福祉サービス提供事業従事者)
ワクチンの不足から、接種順位を議論しているが、高齢者や乳幼児に関連する仕事の従事者も優先にすべきと思う(男性,70歳以上,福祉サービス提供事業経営者)
ワクチン対象者の基礎疾患、免疫不全という言葉が解りません。素人には医学用語をやさしく解るように伝えてください。ワクチンの優先順位に該当するのか、しないのか?したいがどうなのか?足りないらしいし不安だらけです。(女性,60代,その他)

ページトップへ