平成21年12月4日
福 祉 保 健 局
インターネット福祉保健モニター アンケート結果
〜 「救急医療」について 〜


 救急医療機関や救急車の不足、夜間対応病院の混雑など、救急医療の現場には様々な問題が生じています。そのような状況に都民は不安を抱き、救急医療の現場は疲弊している、というのが今日の救急医療の現状です。
 一刻も早くこの状況を改善し、より大きな安心を実現するために、東京都では「救急医療の東京ルール」(別添「救急医療ルールブック」参照)を8月末からスタートさせました。東京の救急医療について、都民の皆様により一層の周知を図り、今後の取組の参考とするため、11月6日から17日を調査期間として、インターネット福祉保健モニターに登録している都民の方を対象にアンケートを実施しました。

【アンケート結果のポイント】
この1年間で、自分又は同居する家族が、休日・夜間に医療機関を受診したのは約3人に1人
自分又は同居している家族が、この1年間で休日・夜間に医療機関を受診したことがあるか聞いたところ、「受診したことがある」人の割合は33.0%と約3人に1人であった。(Q1

救急相談センター(#7119)を「知っていた」人は半数以上
このアンケートに答える前から、救急相談センター(#7119)を知っていたか聞いたところ、「よく知っていた」の割合が14.7%、「少しは知っていた」が37.1%で、「知っていた」人の割合は51.8%と半数を超えていた。(Q9

「救急医療の東京ルール」を「知っていた」人の割合は38%
このアンケートに答える前から「救急医療の東京ルール」を知っていたか聞いたところ、「よく知っていた」の割合が7.1%、「少しは知っていた」は31.0%で、「知っていた」人の割合は38.1%であった。(Q12

救急医療ルールブックの印象を「分かりやすい」と答えた人の割合は約8割
「救急医療ルールブック 」の印象を聞いたところ、「分かりやすい」の割合が26.9%、「まあまあ分かりやすい」が51.3%で、78.2%と約8割の人が「分かりやすい」と回答した。(Q15

「救急医療の東京ルール」について、「都民の理解を促進する継続的な取組が必要」と考える人の割合は7割以上
「救急医療の東京ルール」についてどのように考えるかを複数回答で聞いたところ、「都民の理解を促進する継続的な取組が必要」の割合が70.1%と7割を超えていた。(Q18

アンケート概要
アンケート結果

【問い合わせ先】
 福祉保健局総務部総務課 
 電話 03-5320-4032



◆ 今回のアンケート概要

テーマ: 「救急医療」について
期 間: 平成21年11月6日(金曜日)正午から平成21年11月17日(火曜日)正午まで
方 法: インターネット(モニターがアンケート専用HPから回答を入力する)
モニター数: 333名
有効回答数: 197名
回答率: 59.2%


◆ 過去の実施アンケート

平成15年度
第1回 介護保険制度(平成15年11月)・・・回答率95.3%
第2回 第三者サービス評価制度(平成15年12月)・・・回答率91.1%
第3回 児童虐待(平成16年3月)・・・回答率93.0%

平成16年度
第1回 グループホーム・痴呆の呼称(平成16年6月)・・・回答率90.6%
第2回 養育家庭制度(平成16年10月)・・・回答率86.1%

平成17年度
第1回 超高齢社会のイメージ、高齢期の情報収集、成年後見制度(平成17年12月)・・・回答率81.0%
第2回 外出時のトイレ(平成18年3月)・・・回答率73.9%

平成18年度
第1回 福祉保健局ホームページの利用について(平成18年7月)・・・回答率78.1%
第2回 健康づくりについて(平成18年11月)・・・回答率71.0%
第3回 高齢者虐待について(平成19年2月)・・・回答率73.1%

平成19年度
第1回 福祉のまちづくりについて(平成19年8月)・・・回答率70.9%
第2回 家庭福祉員(保育ママ)について(平成20年2月)・・・回答率64.7%
第3回 ホームページについて(平成20年3月)・・・回答率59.2%

平成20年度
第1回 「食の安全」について(平成20年7月)・・・回答率63.7%
第2回 「民生委員・児童委員」について(平成20年9月)・・・回答率63.5%
第3回 「地域包括支援センター」について(平成20年11月)・・・回答率62.7%



【アンケート設問】

テーマ:「救急医療」について

Q1.あなた又は同居している家族は、この1年間で休日・夜間に医療機関を受診したことがありますか?次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q2.Q1で「受診したことがある」を選んだ方にお聞きします。どのような経緯で休日・夜間に受診しましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q3.Q1で「受診したことがある」を選んだ方にお聞きします。どのような方法で病院にいきましたか?次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q4.風邪などのちょっとした身体の不調で、まず最初に医療機関にかかる場合、どの医療機関にかかりますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q5.Q4でお答えいただいた医療機関は、普段からのかかりつけの医療機関ですか。

Q6.あなたが病院や診療所などの医療機関を選ぶために欲しい情報は、どのような情報ですか。次の中から当てはまるものを3つまで選んでください。

Q7.救急医療について、日頃不安に思っていることはありますか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q8.夜間や休日に、自分や家族が急に具合が悪くなったり、ケガをして、どうしていいのか判断に迷った時、どのように対応しますか。使うかもしれない方法をすべて選んでください。

Q9.このアンケートにお答えいただく前から、救急相談センター(#7119)をご存知でしたか?

Q10.Q9で、「よく知っていた」「少しは知っていた」を選んだ方にお聞きします。救急相談センター(#7119)をどのような手段で知りましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q11.Q9で、「よく知っていた」「少しは知っていた」を選んだ方にお聞きします。救急相談センター(#7119)を利用したことがありますか。いずれか1つ選んでください。

Q12.このアンケートに答えていただく前から「救急医療の東京ルール」をご存知でしたか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q13.Q12で「よく知っていた」「少しは知っていた」を選んだ方にお聞きします。「救急医療の東京ルール」をどのような手段で知りましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q14.9月5日から9月13日まで放送された、「救急医療の東京ルール」に関する東京都のテレビCMをご覧ください。テレビCMにどのような印象を持ちましたか。自由にお答えください。

Q15.http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kyuukyuu/tokyorule/index.htmlをクリックして、ルールブックをご覧ください。ルールブックの印象はいかがですか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q16.Q15で「あまり分かりやすくない」「分かりにくい」を選んだ方にお聞きします。そのような印象をお持ちになったのはどうしてですか。自由にお答えください。

Q17.ご覧いただいた「救急医療の東京ルール」についてのルールブックを保存していますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q18.「救急医療の東京ルール」について、どのように考えますか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q19.#7119、東京ルール、その他東京の救急医療について、ご意見がありましたらお聞かせください。



ページトップへ


【アンケート回答者属性】

カテゴリー名回答者
全 体197100.0

男性10754.3
女性9045.7


20代21.0
30代2412.2
40代3417.3
50代3819.3
60代5628.4
70歳以上4321.8


会社員3015.2
団体職員(NPO含む)147.1
自営業178.6
福祉サービス提供事業経営者42.0
福祉サービス提供事業従事者2914.7
教職員21.0
主婦3919.8
無職3015.2
その他3216.2

ページトップへ


【主な回答事例】

Q1.あなた又は同居している家族は、この1年間で休日・夜間に医療機関を受診したことがありますか?次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q1
D

自分又は同居している家族が、この1年間で休日・夜間に医療機関を受診したことがあるか聞いたところ、「受診したことがある」人の割合は33.0%と約3人に1人であった。

ページトップへ


Q2.Q1で「受診したことがある」を選んだ方にお聞きします。どのような経緯で休日・夜間に受診しましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q2
D

Q1で「受診したことがある」を選んだ65人に、どのような経緯で休日・夜間に受診したか聞いたところ、「緊急性が高いと判断した」の割合が最も高く73.8%、次いで「翌日まで待つには不安が大きかった」の47.7%であった。

ページトップへ


Q3.Q1で「受診したことがある」を選んだ方にお聞きします。どのような方法で病院にいきましたか?次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q3
D

Q1で「受診したことがある」を選んだ65人にどのような方法で病院に行ったか聞いたところ、「自家用車」の割合が最も高く33.8%、次いで「タクシー」の30.8%で、それぞれ3割を超えている。

ページトップへ


Q4.風邪などのちょっとした身体の不調で、まず最初に医療機関にかかる場合、どの医療機関にかかりますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q4
D

風邪などのちょっとした身体の不調で、まず最初に医療機関にかかる場合、どの医療機関にかかるか聞いたところ、「家や職場の近くの診療所」の割合が66.0%と最も高かった。

ページトップへ


Q5.Q4でお答えいただいた医療機関は、普段からのかかりつけの医療機関ですか。

Q5
D

Q4で「わからない」以外を選んだ193人に、Q4で答えた医療機関は普段からのかかりつけの医療機関か聞いたところ、81.3%が「はい」と回答した。

ページトップへ


Q6.あなたが病院や診療所などの医療機関を選ぶために欲しい情報は、どのような情報ですか。次の中から当てはまるものを3つまで選んでください。

Q6
D

病院や診療所などの医療機関を選ぶために欲しい情報を3つまでの複数回答で聞いたところ、最も割合が高かったのが「診療日・診療時間」の53.8%、次いで「かかりたい医療機関の所在地」の44.7%であった。

ページトップへ


Q7.救急医療について、日頃不安に思っていることはありますか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q7
D

救急医療について日頃不安に思っていることを複数回答で聞いたところ、「救急車に乗ってから運ばれる病院がスムーズに決まらないのではないか」の割合が最も高く81.2%と8割を超えていた。次に割合が高かったのは、「病院に着いてから実際に診察を受けるまでに時間がかかるのではないか」の48.7%であった。

ページトップへ


Q8.夜間や休日に、自分や家族が急に具合が悪くなったり、ケガをして、どうしていいのか判断に迷った時、どのように対応しますか。使うかもしれない方法をすべて選んでください。

Q8
D

夜間や休日に、自分や家族が急に具合が悪くなったり、ケガをして、どうしていいのか判断に迷った時、どのように対応するか複数回答で聞いたところ、「救急医療機関や当番医(区市町村の休日夜間急患センター)に電話で相談する」の割合が最も高く59.9%、次いで「救急車を呼ぶ」の58.4%でそれぞれ6割近くとなっている。

ページトップへ


Q9.このアンケートにお答えいただく前から、救急相談センター(#7119)をご存知でしたか?

Q9
D

このアンケートに答える前から、救急相談センター(#7119)を知っていたか聞いたところ、「よく知っていた」の割合が14.7%、「少しは知っていた」が37.1%で、「知っていた」人の割合は51.8%と半数を超えていた。

ページトップへ


Q10.Q9で、「よく知っていた」「少しは知っていた」を選んだ方にお聞きします。救急相談センター(#7119)をどのような手段で知りましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q10
D

Q9で、「よく知っていた」「少しは知っていた」を選んだ102人に、救急相談センター(#7119)をどのような手段で知ったか複数回答で聞いたところ、最も割合が高かったのが「ポスター」の40.2%、次いで「パンフレット(ルールブック)」の38.2%で、それぞれ約4割であった。

ページトップへ


Q11.Q9で、「よく知っていた」「少しは知っていた」を選んだ方にお聞きします。救急相談センター(#7119)を利用したことがありますか。いずれか1つ選んでください。

Q11
D

Q9で、「よく知っていた」「少しは知っていた」を選んだ102人に、救急相談センター(#7119)を利用したことがあるか聞いたところ、利用したことがある人の割合は13.7%であった。

ページトップへ


Q12.このアンケートに答えていただく前から「救急医療の東京ルール」をご存知でしたか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q12
D

このアンケートに答える前から「救急医療の東京ルール」を知っていたか聞いたところ、「よく知っていた」の割合が7.1%、「少しは知っていた」は31.0%で、「知っていた」人の割合は38.1%であった。

ページトップへ


Q13.Q12で「よく知っていた」「少しは知っていた」を選んだ方にお聞きします。「救急医療の東京ルール」をどのような手段で知りましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q13
D

Q12で、「よく知っていた」「少しは知っていた」を選んだ75人に、「救急医療の東京ルール」をどのような手段で知ったかを複数回答で聞いたところ、「広報東京都などの行政の広報紙」の割合が最も高く42.7%、次に「新聞、書籍などの記事」の38.7%、「テレビ」の34.7%が続いている。

ページトップへ


Q14.テレビCMにどのような印象を持ちましたか。自由にお答えください。(自由記述)

  テレビCMの印象については、178件の自由意見が寄せられた。「テレビCMを見たときの印象に関するもの」は100件で、そのうち好意的な意見が54件、批判的な意見が46件であった。その他、「東京ルールに関するもの」が49件、「広報・普及活動に関するもの」が16件、その他の意見が13件であった。主な意見は以下の通りである。

1テレビCMを見たときの印象に関するもの 100件
ポイントをおさえ、かかりつけ医院と病院の役割分担を分かりやすく伝えていると思った。(男性,50代,福祉サービス提供事業従事者)
ルールの存在自体を知らない人が多いと思うので、それを認知させるのに有効なCMだと思った。またどの年代にも受け入れられるつくりになっていた。(女性,40代,その他)
東京都が救急医療の充実に真剣に取り組んでいることが伝わってくる。(男性,40代,会社員)
放映時間がみじかく内容がいま一つわかりにくいと思います。なぜいま東京ルールが大事なのかをもっと強くアピールする必要があると思います。(男性,70歳以上,団体職員(NPO含む))
内容が抽象的で、誰が何をどのような時に、どうすればよいのか、はっきりと音声と大きな文字で伝えてほしい。(女性,50代,無職)

2東京ルールに関するもの 49件
「まず、かかりつけ医に相談しましょう」とあるが、普段医療機関にかかる機会が少なく、かかりつけ医などいない人はどうしたら良いのか、不安に思うかもしれない。一般の人など、CMを見ただけでは、どうして東京ルールを実施することになったのか、などの理由がわからないと思う。(女性,20代,その他)
災害時のトリアージ同様、救急医療の際も優先順位がつくのは当然だと思う。ただ、程度に差こそあれ、個々に不安を抱えて救急医療を受診するのだから、優先度・緊急度が低いと判断された場合は、説明を丁寧にされると待たされても安心。(男性,30代,団体職員(NPO含む))
当たり前のことだが、ほとんどの患者・家族はどれが重症かはわからず、自分もしくは家族が一番重症だと思っている。そのあたりまで市民に理解させなければ東京ルールもうまく機能しないと思います。(男性,30代,福祉サービス提供事業従事者)
確かに、このような体制が整うと、いざという時には心強く感じ、安心感があると思う。(男性,70歳以上,無職)

3広報・普及活動に関するもの 16件
CMだけでなく、詳細な特別番組として企画してはどうか(男性,50代,会社員)
トリアージを理解してもらうためには、こういうPRをテレビなどを通じて訴えることが必要であると思いました。(男性,60代,無職)
大変短いCMで1回聞いただけでは記憶に残らない。もっと頻繁にやるか、各家庭にステッカーを配布して徹底する法がよい。(男性,60代,無職)
都民に取組を理解してもらうことは大切である。幅広い層に周知されるように定期的に様々な方法で広報に取組んでもらいたい。(男性,40代,自営業)

ページトップへ


Q15.ルールブックの印象はいかがですか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q15
D

「救急医療ルールブック 」(http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kyuukyuu/tokyorule/index.htmlに掲載)の印象を聞いたところ、「分かりやすい」の割合が26.9%、「まあまあ分かりやすい」が51.3%で、78.2%と約8割の人が「分かりやすい」と回答した。

ページトップへ


Q16.Q15で「あまり分かりやすくない」「分かりにくい」を選んだ方にお聞きします。そのような印象をお持ちになったのはどうしてですか。自由にお答えください。(自由記述)

Q16

 Q16で、ルールブックの印象について、「あまり分かりやすくない」「分かりにくい」を選んだ33人にその理由を自由回答で聞いた結果をまとめたところ、「もっと簡潔にした方が良い(見づらい)」の割合が30.3%、「内容、用語などが難しい」が24.2%であった。主な内容は以下の通りである。

1もっと簡潔にした方が良い(見づらい)
内容が豊富なのだが、もう少し整理されると、見てみたくなるのではないか。同じページに詰め込むのは、視覚的にもまずいとおもいます(男性,60代,自営業)
専門的な言葉や、細かな説明は読むのもイヤになってしまいやすい。要点をまとめて、文字数も少なくし、簡潔な表現にして欲しい。(男性,50代,自営業)

2内容、用語などが難しい
行政の言葉、説明の仕方で敷居が高い。(男性,40代,福祉サービス提供事業従事者)

3都民が具体的にどのような行動をとったらよいか分かりにくい
どう行動したらよいかをYES/NO形式で示した方が、分かりやすくなるのではないかと思う。(男性,50代,会社員)

ページトップへ


Q17.ご覧いただいた「救急医療の東京ルール」についてのルールブックを保存していますか。次の中から当てはまるものを1つ選んでください。

Q17
D

「救急医療の東京ルール」についてのルールブックを保存しているか聞いたところ、「ルールブックに気付かなかった」の割合が59.4%と最も高かった。

ページトップへ


Q18.「救急医療の東京ルール」について、どのように考えますか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q18
D

「救急医療の東京ルール」についてどのように考えるかを複数回答で聞いたところ、「都民の理解を促進する継続的な取組が必要」の割合が70.1%と7割を超えていた。

ページトップへ


Q19.#7119、東京ルール、その他東京の救急医療について、ご意見がありましたらお聞かせください。

 ♯7119、東京ルール、その他東京の救急医療について、134件の自由意見が寄せられた。「♯7119、東京ルールに関するもの」が82件で最も多く、「その他救急医療に関するもの」が36件、その他の意見が16件であった。主な意見は以下の通りである。

1♯7119、東京ルールに関するもの 82件
東京ルールを都民一人一人が自分の問題としてしっかり守ることが何より大切だと思います。私は85歳の妻と84歳の自分の高齢者のみの所帯です。いつどんなことが起きてもおかしくない状況に常にさらされています。それだけにこのルールができたことはとても良いことだと思います。これが正確にいつでも活用されることを強く望みます。(男性,70歳以上,団体職員(NPO含む))
ルールブックは、都の緊急医療を、網羅しているので、保存して置きたい。(男性,50代,団体職員(NPO含む))
救急医療機関や担当する医師が不足している現況では、「東京ルール」のような決まりが必要であると思う。また、そのことに対する啓蒙活動を、もっと活発に行う必要も感じる。(男性,60代,無職)
実際問題として、東京ルールの適用を実行する場合の判断はかなり難しいと思う。実際の場面では、誤った判断がなされることが結果としては起こりうると思う。しかし、体験を積み重ねて、より良いルールつくりを積み重ねていくほかないのではないか。(男性,70歳以上,その他)
♯7119、東京ルールは良く出来ていると思いますが、都民に対する周知が足りないのではと思います。もっとPRを徹底的にやるべきだと思います。(男性,60代,無職)
今後ともハードとソフトの充実に努めてほしいが、都民ひとりひとりのマナーの向上が一番重要だと思う。学校教育や職場組織からの指導や啓蒙啓発がもっともっと必要だと思います。行政の取り組みだけでなく、民間からの情報発信が連動しなければならないと思います。(男性,40代,福祉サービス提供事業従事者)
いざ、事がおこった時、おろおろとうろたえることと思う。冷静に行動できないかもしれないが、少しでも予備知識があれば思い出しながら大事な命を救うことが出来るかもしれない。普段から医療について学んでおく必要があると思う。インターネットで学ぶことは難しい。印刷物で、放送で、チラシ等で何度も何度もくりかえし訴える必要があるように思う。(女性,60代,主婦)
医療機関での広報も必要なのではないだろうか?(医療機関を受診する時は、医療に関心を持った時)例えば、小さな名刺くらいのカード(「#7119」や東京ルールの概略紹介を記載したもの)を医療機関で配り、アピールする。(女性,50代,福祉サービス提供事業従事者)

2救急医療に関するもの 36件
救急車をタクシー替りに使う不謹慎な人が多い。医療機関もさることながら患者側の身勝手も問題。(女性,60代,無職)
行政と医療機関との連携をより一層密にすることが大切である。(男性,60代,無職)
休日・夜間の消防関係者のご苦労は大変なことと感じています。又救急病院においても医師不足の中対応を感謝しています。しかし緊急時に病院に搬送出来ない事実がある限り、より体制の整備が必要と考えます。そのためには医療機関への国として・東京都としても支援が求められていると考えます。(男性,60代,福祉サービス提供事業従事者)

ページトップへ