平成23年1月6日
福 祉 保 健 局
インターネット福祉保健モニター アンケート結果
〜 「エイズ」について 〜


 平成21年の都におけるHIV感染者・エイズ患者の新規報告数は1日あたり1.3人で、働き盛り世代である20歳〜40歳代が多くなっています。このため、予防が必要であると同時に、働くHIV感染者・エイズ患者の方達への支援の必要性も増しています。
 この現状を踏まえ、東京都では、エイズ対策を進めるための参考とするため、東京都エイズ予防月間中に、インターネット福祉保健モニターに登録している方を対象に、エイズについてアンケートを実施しました。

【アンケート結果のポイント】
「HIV陽性者の多くが、通院しながら就労している」ことを知っていた人は8割弱
HIV/エイズの治療について知っていたことを聞いたところ、「知っていた」の割合は、「HIV陽性者の多くが、通院しながら就労している。」では76.6%と8割弱であった。(Q4

自分がHIV/エイズと診断された場合、そのことを職場に「伝えると思う」人は約2割
もし自分がHIV/エイズと診断された場合、そのことを職場に伝えると思うかどうか聞いたところ、「伝えると思う」人の割合は20.3%と約2割であった。(Q5

HIV/エイズの治療をしながら働き続けるための対応が、自分の職場で「できない」と思う割合は、4つの項目で4割以上
HIV/エイズの治療をしながら働き続けるための対応が、自分の職場でできると思うか聞いたところ、「上司や同僚がHIV/エイズに関する正しい知識を得る必要がある場合、職場の人事・労務担当部署等から情報提供や援助を受けることができる。」では、「できると思う」と「ある程度できると思う」の合計が73.6%と7割を超えていた。一方、「従業員はHIV/エイズが原因で、異動や昇進などに不利益な取扱いを受けない。」で44.2%が「できないと思う」と回答するなど、4つの項目で「できないと思う」が4割を超えていた。(Q7

保健所において無料・匿名でHIV検査を実施していることを「知っていた」人は8割以上
都内保健所等におけるHIV検査について知っていることを聞いたところ、保健所に関しては「保健所では無料・匿名でHIV検査を実施している。」では82.7%が「知っていた」と回答した。一方、保健所以外の検査・相談室については、「知っていた」の割合がすべて3割に満たなかった。(Q8



【参考】
 東京都のエイズ対策については福祉保健局ホームページをご覧ください。
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/iryo/kansen/aids/index.html


アンケート概要
アンケート結果


【問い合わせ先】
 福祉保健局総務部総務課 
 電話 03-5320-4032



◆ 今回のアンケート概要

テーマ: 「エイズ」について
期 間: 平成22年11月26日(金曜日)正午から平成22年12月6日(月曜日)正午まで
方 法: インターネット(モニターがアンケート専用HPから回答を入力する)
モニター数: 290名
有効回答数: 197名
回答率: 67.9%


◆ 過去の実施アンケート

平成15年度
第1回 介護保険制度(平成15年11月)・・・回答率95.3%
第2回 第三者サービス評価制度(平成15年12月)・・・回答率91.1%
第3回 児童虐待(平成16年3月)・・・回答率93.0%

平成16年度
第1回 グループホーム・痴呆の呼称(平成16年6月)・・・回答率90.6%
第2回 養育家庭制度(平成16年10月)・・・回答率86.1%

平成17年度
第1回 超高齢社会のイメージ、高齢期の情報収集、成年後見制度(平成17年12月)・・・回答率81.0%
第2回 外出時のトイレ(平成18年3月)・・・回答率73.9%

平成18年度
第1回 福祉保健局ホームページの利用について(平成18年7月)・・・回答率78.1%
第2回 健康づくりについて(平成18年11月)・・・回答率71.0%
第3回 高齢者虐待について(平成19年2月)・・・回答率73.1%

平成19年度
第1回 福祉のまちづくりについて(平成19年8月)・・・回答率70.9%
第2回 家庭福祉員(保育ママ)について(平成20年2月)・・・回答率64.7%
第3回 ホームページについて(平成20年3月)・・・回答率59.2%

平成20年度
第1回 「食の安全」について(平成20年7月)・・・回答率63.7%
第2回 「民生委員・児童委員」について(平成20年9月)・・・回答率63.5%
第3回 「地域包括支援センター」について(平成20年11月)・・・回答率62.7%

平成21年度
第1回 「新型インフルエンザについて」(平成21年9月)・・・回答率60.0%
第2回 「救急医療について」(平成21年11月)・・・回答率59.2%
第3回 「糖尿病に関する意識について」(平成22年2月)・・・回答率59.5%


【アンケート設問】

テーマ:「エイズ」について

Q1. HIV/エイズについてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q2. HIV/エイズの感染経路についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q3. HIVの感染予防についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q4. HIV/エイズの治療についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q5. あなたが、もしHIV/エイズと診断された場合、そのことを職場に伝えると思いますか。仕事をしていない方等職場に通っていない方は、もし職場に通っていたらという仮定でお答えください。

Q6. Q5の回答を選んだ理由を教えてください。

Q7. HIV/エイズの治療をしながら働き続けるためには、職場において、以下のような対応が望まれます。あなたの職場では、これらの対応ができると思いますか。それぞれ選んでください。
仕事をしていない方等職場に通っていない方は、学校や地域活動などご自身が所属している団体や、過去のご経験に照らしてお答えください。


Q8. 都内保健所等におけるHIV検査についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q9. HIV検査のことをどのようなきっかけで知りましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q10. あなたはこれまでにHIV検査を受けたことがありますか。

Q11. あなたは過去1年以内にHIV検査を受けましたか。

Q12. 検査を受けたきっかけは何でしたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q13. どこで検査を受けましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q14. Q13の検査機関を選択した理由について、次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q15. HIV検査を受けたことがない理由は何ですか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q16. レッドリボンは、「エイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しない」というメッセージです。あなたはレッドリボンについて知っていましたか。

Q17. 東京都が平成22年度に実施しているHIV/エイズに関する普及啓発事業についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q18. エイズ/HIVについて東京都が普及啓発を実施する場合に、効果が高いと思う方法を次のうちから3つまで選んでください。

Q19. 東京都のエイズ対策についての御意見をご自由にお書きください。(自由回答)



ページトップへ


【アンケート回答者属性】

カテゴリー名回答者
全 体197100.0

男性10754.3
女性9045.7


20代52.5
30代2512.7
40代3618.3
50代4120.8
60代4723.9
70歳以上4321.8


会社員3216.2
団体職員(NPO含む)147.1
自営業147.1
福祉サービス提供事業経営者42.0
福祉サービス提供事業従事者3316.8
教職員21.0
学生21.0
主婦3718.8
無職2914.7
その他3015.2

ページトップへ


【主な回答事例】

Q1. HIV/エイズについてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q1
D

HIV/エイズについて、上記の内容を知っていたか聞いたところ、「知っていた」の割合は、「HIVとはエイズの原因となるウイルスの名称で、そのウイルスが体内で増加し免疫が下がることにより病気を発症した状態をエイズという。」では89.8%と9割近かった。一方、東京都のHIV感染者やエイズ患者の報告数がどの年代に多いのか「知っていた」人は「東京都の東京都のHIV感染者の報告数は、20歳代から30歳代の若い世代が最も多い。」では45.2%、「東京都のエイズ患者の報告数は30歳代から40歳代の働き盛り世代が最も多い。」では22.8%とそれぞれ半数に満たなかった。

ページトップへ


Q2. HIV/エイズの感染経路についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q2
D

HIV/エイズの感染経路について上記の内容を知っていたか聞いたところ、「知っていた」の割合は、「同じ鍋をつつく行為や、コップの回し飲みでは感染しない。」や「主に血液、精液、膣分泌液を介して感染する。」、「性器や肛門、口腔を使った性行為による感染が多い。」で9割を超えるなど、ほとんどの項目で85%以上であったが、「性器クラミジアなど他の性感染症にかかっていると、HIVに感染しやすくなる。」では47.7%と半数を切っていた。

ページトップへ


Q3. HIVの感染予防についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q3
D

HIV/エイズの感染予防について上記の内容を知っていたか聞いたところ、「知っていた」の割合は、すべての項目で5割を超えていた。「コンドームを正しく使用する安全な性行為(セーファーセックス※)は、HIVを含む多くの性感染症の予防に有効である。」では98.0%と特に高かった。一方、「適切な医療管理により、母子感染はほぼ防ぐことができる。」は58.9%と6割弱であった。

※ セーファーセックス
 相手や自分がHIVを含む性感染症に感染していないかどうか分からないときには、コンドームを正しく使うことが感染予防に有効です(セーファーセックス)。また、相手も自分もHIVを含む性感染症に感染していないことが確実で、お互いに他のセックスパートナーがいなければ、二人のセックスは安全です(セーフセックス)。

ページトップへ


Q4. HIV/エイズの治療についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q4
D

HIV/エイズの治療について上記の内容を知っていたか聞いたところ、「知っていた」の割合は、「現在、HIV/エイズを完治させる治療はなく、治療開始後は、一生涯にわたる服薬の継続が必要である。」「HIV陽性者の多くが、通院しながら就労している。」では76.6%と8割弱、「抗HIV薬(内服薬)の飲み忘れがあると、ウイルスが変異して耐性を獲得し、薬が効かなくなる(薬剤耐性)。この薬剤耐性を防ぐため、適切な服用が必要である。」では37.6%と4割弱であったが、「HIV/エイズと診断され、障害者自立支援法による自立支援医療制度を利用せずに、服薬治療を保険診療で行う場合、毎月の自己負担額は、6万円前後と言われている。」では7.1%であった。

ページトップへ


Q5. あなたが、もしHIV/エイズと診断された場合、そのことを職場に伝えると思いますか。仕事をしていない方等職場に通っていない方は、もし職場に通っていたらという仮定でお答えください。

Q5
D

もし自分がHIV/エイズと診断された場合、そのことを職場に伝えると思うかどうか聞いたところ、「伝えると思う」人の割合は20.3%と約2割であった。

ページトップへ


Q6. Q5の回答を選んだ理由を教えてください。

Q5「あなたが、もしHIV/エイズと診断された場合、そのことを職場に伝えると思いますか。仕事をしていない方等職場に通っていない方は、もし職場に通っていたらという仮定でお答えください。」の回答を選んだ理由を聞いたところ、「伝えると思う」とした方から39件、「伝えないと思う」とした方から152件の回答があった。「伝える理由」としては、「病気への理解促進、感染予防のため」というものが14件、「職場の協力が必要」というものが8件、「隠しておきたくない」というものが5件、「職場の理解が期待できる」というものが4件、その他の理由が8件であった。「伝えない理由」としては、「差別・偏見を受ける恐れがある」というものが90件、「伝える必要がない」というものが25件、「職を失う恐れがある」というものが19件、「恥ずかしい。周囲に迷惑をかける」というものが13件、その他の理由が5件であった。主なものは以下のとおりである。

1「伝えると思う」を選んだ理由 39件
きれいごとかもしれませんが、職場の人にもHIVという病気を知ってもらうため。しかし、伝えることにより、会社がどんな処置を下すかわかりませんが、病人にも働く権利があることをきちんと伝えたい。(女性,40代,会社員)
長期的に病気のための通院や治療に仕事を調整する必要があると思われる為。(女性,50代,福祉サービス提供事業従事者)
秘密にして良い事はないと思う。偏見があったとしても、オープンにして知ってもらう事から始めないと、何も始まらないと思う。一人で抱えきれない。(女性,30代,学生)

2「伝えないと思う」を選んだ理由 152件
HIVに対する社会一般の理解が未だ十分進んでいるとは言えず、社会的反発や阻害の恐れがあるため。(男性,60代,団体職員(NPO含む))
残念ながら、今のHIVに対する偏見を考えると、告白するのが怖いです。(男性,30代,会社員)
いまの社会ではまだ偏見が強く、仕事を続けにくい状態になるであろうから。(女性,50代,主婦)
伝えて働くことができるのが理想だが、偏見の多い日本の職場では、理想を建前とすらしないので、伝えられない可能性が高いと思う。(女性,50代,自営業)
日常生活での感染リスクは低いので、必要がないのではないかと思う為。(女性,40代,会社員)
就労に支障がなければ他の疾病同様に伝える必要がないため。(男性,40代,福祉サービス提供事業従事者)
会社の理解、職場の理解が得られるとは限らない。伝えることで、差別等を産み、結果として職場で働き続けることができなくなる可能性が高い。(男性,40代,自営業)
職場に迷惑をかけそう。自分が色眼鏡で見られそう(男性,70歳以上,福祉サービス提供事業経営者)

ページトップへ


Q7. HIV/エイズの治療をしながら働き続けるためには、職場において、以下のような対応が望まれます。あなたの職場では、これらの対応ができると思いますか。それぞれ選んでください。
仕事をしていない方等職場に通っていない方は、学校や地域活動などご自身が所属している団体や、過去のご経験に照らしてお答えください。

Q7
D

HIV/エイズの治療をしながら働き続けるための対応が、自分の職場でできると思うか聞いたところ、「上司や同僚がHIV/エイズに関する正しい知識を得る必要がある場合、職場の人事・労務担当部署等から情報提供や援助を受けることができる。」では、「できると思う」と「ある程度できると思う」の合計が、73.6%と7割を超えていた。一方、「従業員はHIV/エイズが原因で、異動や昇進などに不利益な取扱いを受けない。」で44.2%が「できないと思う」と回答するなど、4つの項目で「できないと思う」の割合が4割を超えていた。

ページトップへ


Q8. 都内保健所等におけるHIV検査についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q8
D

都内保健所等におけるHIV検査について上記の内容を知っていたか聞いたところ、保健所に関しては「保健所では無料・匿名でHIV検査を実施している。」では82.7%「保健所では、HIV検査と同時に性感染症検査も受けることができる。」では56.3%が、「知っていた」と回答した。一方、保健所以外の検査・相談室については、「知っていた」の割合がすべて3割に満たなかった。

ページトップへ


Q9. HIV検査のことをどのようなきっかけで知りましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q9
D

HIV検査をどのようなきっかけで知ったかを複数回答で聞いたところ、最も割合が高かったのは「報道記事(新聞記事、テレビニュース、インターネットニュースなど)」の71.1%、次いで「行政機関(東京都など)が作成したポスター・リーフレット・広報用印刷物など紙媒体」の54.3%で半数を超えていた。「HIV検査のことは全く知らなかった」人の割合は7.1%であった。

ページトップへ


Q10. あなたはこれまでにHIV検査を受けたことがありますか。

Q10
D

これまでにHIV検査を受けたことがあるか聞いたところ、「受けたことがある」人の割合は18.3%と2割弱であった。

ページトップへ


Q11. あなたは過去1年以内にHIV検査を受けましたか。

Q11
D

Q10でHIV検査を受けたことが「ある」と回答した36人に、過去1年以内にHIV検査を受けたか聞いたところ、「はい」と回答した人の割合は、33.3%と3人に1人であった。

ページトップへ


Q12. 検査を受けたきっかけは何でしたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q12
D

Q10でHIV検査を受けたことが「ある」と回答した36人に、検査を受けたきっかけをを複数回答で聞いたところ、「医療機関で、妊婦健診・術前検査として、または診療を受けた際等に勧められたから)」の割合が最も高く50.0%、次いで「HIV検査のことを知って関心を持ったから」の25.0%となっている。

ページトップへ


Q13. どこで検査を受けましたか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q13
D

Q10でHIV検査を受けたことが「ある」と回答した36人に、どこで検査を受けたかを複数回答で聞いたところ、「医療機関(クリニック、医院、病院)」の割合が75.0%と最も高かった。

ページトップへ


Q14. Q13の検査機関を選択した理由について、次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q14
D

Q10でHIV検査を受けたことが「ある」と回答した36人に、Q13の検査機関を選んだ理由を複数回答で聞いたところ、「受診していた医療機関だったから」の割合が最も高く、55.6%と半数を超えていた。

ページトップへ


Q15. HIV検査を受けたことがない理由は何ですか。次の中から当てはまるものをすべて選んでください。

Q15
D

Q10でHIV検査を受けたことが「ない」と回答した161名になぜ受けたことがないのかを複数回答で聞いたところ、「HIV感染の可能性がある行為をしたことがないから」の割合が最も高く82.6%であったが、「どこで受けたらいいのか判らなかった」という人が9.3%いた。

ページトップへ


Q16. レッドリボンは、「エイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しない」というメッセージです。あなたはレッドリボンについて知っていましたか。

Q16
D

レッドリボンについて「知っていた」人の割合は36.0%と4割弱であった。

※理解と支援の象徴“レッドリボン”とは
 “レッドリボン(赤いリボン)”は、もともとヨーロッパに古くから伝承される風習のひとつで、病気や事故で人生を全うできなかった人々への追悼の気持ちを表すものでした。
 この“レッドリボン”がエイズのために使われ始めたのは、アメリカでエイズが社会的な問題となってきた1990年ごろのことです。このころ、演劇や音楽などで活動するニューヨークのアーティストたちにもエイズがひろがり、エイズで死亡する人々が増えていきました。
 そうした仲間たちにたいする追悼の気持ちとエイズに苦しむ人々への理解と支援の意思を示すため、“赤いリボン”をシンボルにした運動が始まりました。
 この運動は、その考えに共感した人々によって国境を越えた世界的な運動として発展し、UNAIDS(国連合同エイズ計画)のシンボルマークにも採用されています。レッドリボンは、「エイズに関して偏見をもっていない、エイズとともに生きる人々を差別しない」というメッセージです。

ページトップへ


Q17. 東京都が平成22年度に実施しているHIV/エイズに関する普及啓発事業についてお尋ねします。あなたはこのアンケートの回答以前に、以下のことを知っていましたか。それぞれの質問について該当する項目を選んでください。

Q17
D

東京都が平成22年度に実施しているHIV/エイズに関する普及啓発事業について、上記のことを知っていたか聞いたところ、「知っていた」の割合は「東京都作成のポスター・リーフレット」が最も高く38.6%、次いで「東京都エイズ予防月間」の27.4%となっている。

ページトップへ


Q18. エイズ/HIVについて東京都が普及啓発を実施する場合に、効果が高いと思う方法を次のうちから3つまで選んでください。

Q18
D

エイズ/HIVについて東京都が普及啓発を実施する場合に、効果が高いと思う方法を3つまでの複数回答で聞いたところ、最も割合が高かったのは「テレビでのCM放映」の63.5%で、「駅や電車内等におけるポスター・中吊広告の実施」の45.2%、「東京都や市区町村の広報誌への掲載」の43.7%が続いている。

ページトップへ


Q19. 東京都のエイズ対策についての御意見をご自由にお書きください。(自由回答)

 東京都のエイズ対策について、142件の意見が寄せられた。「普及啓発の取組全般に関するもの」が68件、「若年層への普及啓発に関するもの」が30件、「検査・治療に関するもの」が14件、その他の意見が30件であった。主な意見は以下のとおりである。

1普及啓発の取組全般に関するもの 68件
このアンケート調査で、都がかなりの啓発活動をしていることがわかりました。更なる啓発と予防活動。そして感染しても十分に治療が受けられる機関の増設も必要かと思います。(女性,60代,主婦)
エイズについての報道がかなり下火になってきて、感染者がどのくらいいるのかあまりよくわからない。実際に年々増加しているのか、収束に向かっているのかもよくわからない。収束に向かっているのであればよいが、増え続けているのであればもっと積極的にそのことを広報する必要があるのではないか。(男性,50代,会社員)
エイズの病気についての概要は知っていても赤いリボンや東京都のエイズ対策については知らないことが多かった。もっともっと広めて偏見のない社会に変えて言って欲しい。(女性,50代,福祉サービス提供事業従事者)
一時期エイズに関しては報道もあったが最近では見なくなりました。もっと大きく啓蒙運動を行ってもいいと思います。(女性,40代,その他)
治療法や経済的な支援策についての情報が少ないようです。発症せず、仕事も続けられるようになってきたことをもっと広報すれば、恐ろしい病気と言う偏見も薄れていくのではと思います。(女性,40代,その他)
誰でも等しく感染のリスクがある、感染の可能性のある行為をしているかもしれない、というメッセージを伝える(男性,20代,学生)

2若年層への普及啓発に関するもの 30件
癌に次いで治療薬やその方法も進歩してきていると思う反面、「完治」を期待できない病のトップにも上げられるのがHIV,そしてエイズだと感じます。患者数を増やさないためにもまずは教育の現場で子供に対し、そして大人へは各種広報やニュース媒体を通じてその予防対策の知識をしっかりと持てるように啓蒙活動を今後もいっそうサポートしていただきたいと思います。(女性,30代,その他)
HIVについて、現在マスコミに取り上げ方が一時ほどではない。ピンクリボン運動などがクローズアップされているためか、相対的に目立たない。一方で、HIVについて決して下火となることはないと思う。根治薬の早期開発が望まれるが、それまでは、主として、教育現場での訴えが、地道ではあるが、世間風潮を少しずつ変化させる決め手ではないか。そのための努力を今後とも図る必要があるように感じる。(男性,60代,団体職員(NPO含む))
重要な活動だと思うので、さらに広報活動に力を入れてほしい。特に若者(高校生・大学生・20代前半)に情報が届くよう、他機関との協力が必要と感じる。(女性,40代,その他)

3検査・治療に関するもの 14件
自分で覚えのある人は検診を進んでいくこともあるかもしれませんが、そうでないときにかかっているかもしれないので、普通の風邪などで病院にかかる時に検査をするついでにするというような自然体での取り組みがいいと思います(女性,50代,主婦)
身近にエイズの患者がいないため、あまり、エイズに関して、考える機会がありませんでした。この、メールアンケートを回答して、エイズのことを知ることができたし、都も、力を注いでいるのだとわかりました。ただ、都が、エイズに関する検査機関を設けても、それを知らない都民は沢山いると思うので、もっと、エイズ検査推進PRを行っていくことを切望します。(女性,30代,無職)

ページトップへ