このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都多摩府中保健所

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都多摩府中保健所 の中の 保健 の中の こころの健康 の中の 自殺予防~キーワードは「気づき」と「つながり」~ のページです。

本文ここから

自殺予防~キーワードは「気づき」と「つながり」~

 わが国では、1998年に自殺による死亡者が初めて年間3万人を超えて以来、その水準で推移しています。この数は、交通事故死者数の約5倍になります。
 自殺や自殺未遂により、身近な家族や友人など少なくとも数人が深刻な心の影響を受けるとされ、全国で毎年、百数十万人の人々に影響を与えています。
 自殺は、単にひとつの原因から起こるのではなく、健康問題や家庭問題、経済・生活問題など、さまざまな要因が複雑に絡み合う中で発生すると考えられています。多くの自殺は、個人の自由な意思や選択の結果ではなく、さまざまな悩みにより心理的に「追い込まれた末の死」といえます。自殺に及ぶ前には何らかのこころの病を抱えていた人が多いことが分かっています。
うつ病などのこころの病は依然として治らない、怖いという偏見があります。うつ病などを早期に発見し治療ができる体制を整え、自殺を予防する取り組みが始まっています。また、うつ病だけでなく、気分の落ち込みなどにも身近な人が気づき、悩みを抱える人を支援できる体制、地域のつながりを整えていこうとする取り組みもでてきました。

 こころの不調や自殺のサインに気づいたら、相談機関に相談したり、医療機関を受診したりすることが大切です。自殺は避けることができる死です。

・精神保健福祉相談(多摩府中保健所)
・自殺に関する相談窓口と関連情報(多摩総合精神保健福祉センター)

画像 家のある景色

お問い合わせ

このページの担当は 多摩府中保健所 保健対策課 地域保健第一・第二担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

こころの健康

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る