このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

インフルエンザについて

インフルエンザとは

インフルエンザとは、インフルエンザウイルスによる呼吸器感染症です。通常のかぜに比べ全身症状が強く出やすいことを特徴とします。
症状は、1~3日の潜伏期間の後、38℃以上の発熱、頭痛、咳、咽頭痛、鼻水、筋肉痛、関節痛などを呈します。おう吐や下痢など消化器症状が見られる場合もあり、子どもや高齢の方、免疫力の低下している方などでは、重症化し肺炎や脳炎になることがあります。
治療は、症状に応じた対症療法が中心ですが、医師の判断により抗インフルエンザ薬を使用する場合があります。

原因と感染経路

病源体は、インフルエンザウイルスです。インフルエンザウイルスにはA型・B型・C型があります。C型もヒトに感染しますが、流行は起こりにくいとされています。近年、国内で流行しているのは、AH3亜型(いわゆる香港型)、AH1pdm09(2009年に流行したインフルエンザ)、B型の3種類です。
患者の咳やくしゃみなどのしぶきに含まれるウイルスを吸い込むことによる「飛まつ感染」が主たる感染経路です。加えて、ウイルスが付着した手で口や鼻に触れることによる「接触感染」もあります。

治療のポイント

  • 安静にして水分を十分にとり、休養しましょう
  • 処方された薬を確実に服薬しましょう
  • 少なくとも熱が下がってから2日目まで(できれば症状が出た日の翌日から7日目まで)、受診以外の外出を控えましょう
  • 受診や介護を受ける際に咳エチケットとしてマスクをしましょう
  • 手洗いを行いましょう

予防のポイント

インフルエンザワクチン

季節性インフルエンザのワクチン接種は、例年10月頃から開始します。インフルエンザワクチンは、免疫をつけ死亡者や重症者の発生をできる限り減らすことを目的に接種するものです。早めに受けるようにしましょう。

手洗い

外から帰ったときなど、こまめに手を洗いましょう。また、咳やくしゃみを手でおおったときにも洗いましょう。流水で手を洗えないときは、手指にすり込むタイプのアルコール製剤も有効です。

子供向け動画 ガチャピン・ムックの正しい手洗いできるかな?
一般向け動画 正しい手あらいの方法

イラスト マスク

咳エチケット

 咳やくしゃみをする時はティッシュやマスクを口と鼻にあて、他の人に直接飛まつがかからないようにしましょう。
 
 咳エチケットについてはこちら「東京都感染症情報センター 咳エチケット」

施設や家庭内などでの清掃・消毒について

イラスト ドアノブ

患者さんが使用した食器、衣類、浴槽などは通常の洗浄や洗濯で対応できます。施設や家庭内での感染拡大を防ぐため、皆さんが触れる場所(ドアノブ・便座・スイッチ・手すりなど)を消毒液で拭き取ることも有効です。
この場合の消毒液は、薬局などで購入できる消毒用アルコール、次亜塩素酸ナトリウム(商品名:ハイター、ミルトン等)の薄め液などが有効です。

  • 施設内などで集団感染が疑われる場合には

保健所にご相談ください。施設内での対策について一緒に考えましょう。
まずは、施設内の状況を確認してみましょう
集団発生時の調査票チェックリスト
 

  • 手洗いキットやDVDの貸出を行っています

保健所では手洗いキットや感染症対策についてのDVDの貸出を行っています。
施設等での健康教育や研修にご活用ください。

関連情報

多摩府中保健所感染症週報
インフルエンザ(東京都感染症情報センター)
東京都インフルエンザ情報サイト
 

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 多摩府中保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。