このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

専用水道水道技術管理者

水道技術管理者の設置

 水道法では、水道の管理の適正を期するため、専用水道の設置者が水道技術管理者を置くことを義務付け、その事務及び資格要件について規定しています。 

 資格要件を満たす水道技術管理者を1人設置して水道法第19条第2項の技術上の業務に従事してください。

《水道法第19条》

1 水道事業者は、水道の管理について技術上の業務を担当させるため、水道技術管理者一人を置かなければならない。ただし、自ら水道技術管理者となることを妨げない。

2 水道技術管理者は、次に掲げる事項に関する事務に従事し、及びこれらの事務に従事する他の職員を監督しなければならない。

(1)水道施設が第5条の規定による施設基準に適合しているかどうかの検査

(2)第13条第1項の規定による水質検査及び施設検査

(3)給水装置の構造及び材質が第16条の規定に基づく政令で定める基準に適合しているかどうかの検査

(4)次条第1項の規定による水質検査

(5)第21条第1項の規定による健康診断

(6)第22条の規定による衛生上の措置

(7)第23条第1項の規定による給水の緊急停止

(8)第37条前段の規定による給水停止

3 水道技術管理者は政令で定める資格を有する者でなければならない。

《水道法第34条》(準用規定)

1 …第19条の規定は、専用水道の設置者について準用する。…

2 一日最大給水量が1,000立方メ-トル以下である専用水道については、当該水道が消毒設備以外の浄水施設を必要とせず、かつ、自然流下のみによって給水することができるものであるときは、前項の規定にかかわらず、第19条第3項の規定を準用しない。

水道技術管理者の資格

 水道技術管理者の資格は、施行令第6条(政令)で次表のように定められています。資格の確認は、専用水道の設置者が自ら調査し、保健所に届出してください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Acrobat Reader DC (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

お問い合わせ

このページの担当は 多摩小平保健所 生活環境安全課 環境衛生第一担当 第二担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。