このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

感染症とは

感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体が身体に入り、引き起こされる病気をいいます。

感染力の強さや病状などによって、一類から五類及び指定感染症に分類されています。

類別 主な感染症
一類感染症 エボラ出血熱、ペストなど
二類感染症 急性灰白髄炎、結核、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(SARS)、鳥インフルエンザ(H5N1又はH7N9)
三類感染症 コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス
四類感染症 E型・A型肝炎、狂犬病、ボツリヌス症、マラリアなど
五類感染症 ウイルス性肝炎(E型・A型を除く)、後天性免疫不全症候群、梅毒、麻しんなど
新型インフルエンザ等感染症 新型インフルエンザ、再興型インフルエンザ

保健所は、感染症の発生時に患者さんや家族の不安を軽くし、必要な知識をお伝えして、安心して療養できるよう相談や助言を行っています。
また、感染症のまん延をふせぐために訪問調査を行うことがあります。

感染症の届出様式について

お問い合わせ

このページの担当は 多摩小平保健所 保健対策課 感染症対策担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。