このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

衛生上の注意点

出店者の個人衛生について

健康管理

1 下痢症状等の体調不良の時は、調理作業には従事しないこと。 手指に化膿傷や手荒れのある時は、必ず使い捨て手袋を使用し、適切に取替えること。
2 統括責任者(実行委員)は、当日の出店前に、各出店者に対して1の内容を確認すること。

手洗いの励行

1 調理行為を行う出店者は、必ず手洗い設備(「蛇口付きのポリタンク」に水道水を入れたものなど)を設置し、

  • 調理開始前
  • 用便後
  • 食材(肉類、魚介類、野菜類等)を取り扱った後
  • ごみ処理の後

などには、必ず手洗いを行うこと。
2 手洗い方法は、次の基本方法で確実に行うこと。
(1)せっけんを十分泡立たせる。
(2)流水ですすぐ。
(3)ペーパータオルでふく。
(4)より確実を期するには、更に消毒用アルコールを噴霧するか、消毒用アルコール綿でふく。
消毒用アルコールを使用する際は、手指の水分をよくふき取った後に使用すること。

着衣

作業衣は清潔なものを着用し、汚れる作業にあっては、複数枚数を用意し、随時着替えること。

調理及び販売時の注意点

調理行為をする場合

  • 材料(食材)は、当日仕入れ、当日仕込みとすること。(前日の仕込み行為は大変危険です。)
  • 食材(食肉、魚介類、刻んだ野菜など)は清潔なビニール袋等に入れ、10度以下で保存し、常温、露出保管は避けること。冷蔵設備がない場合は、アイスボックスやふた付きの発泡スチロール箱を用いて、氷や蓄冷剤により冷却すること。
  • 仕込みの調理に当たっては、各食材毎に使用するまな板、包丁、ふきんなどを使い分けること。
  • 加熱調理するものは、食材の中心部が75度以上1分間以上となるように十分加熱し、加熱温度にムラがないように注意すること。
  • 使い捨て手袋を使用する場合は、適切な取替えや洗浄、消毒を行うこと。
  • 噴霧式のアルコール消毒容器やふた付き容器に消毒用アルコール綿(カット綿に70%消毒用アルコールを浸したもの)を用意し、随時手指の消毒を行うこと。
  • 客への提供時には、持ち帰りさせず、会場内で食べるように伝えること。

販売行為(物品販売のみ)をする場合

  • 仕入れの際には、必ず信用のある店を選び、保健所の許可のない場所で作られた食品を仕入れて販売しないこと。
  • 包装された食品を販売する場合は、表示のあるものを販売すること。(無表示品は販売できません。)

お問い合わせ

このページの担当は 多摩小平保健所 生活環境安全課 食品衛生第一担当・第二担当 です。

本文ここまで

ローカルナビゲーションここから

地域のお祭りなどにおける食品衛生について

ローカルナビゲーションここまで

以下 奥付けです。