このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動

本文ここから

受動喫煙防止について

受動喫煙防止に関する都条例

東京都では、都民の健康増進の観点から、また、オリンピック・パラリンピックのホストシティとして、受動喫煙対策をより一層推進していくため、「東京都受動喫煙防止条例」を定めました。

東京都受動喫煙防止条例

子どもの生命及び健康を受動喫煙の悪影響から保護するための環境整備に関する事項を定めた「東京都子どもを受動喫煙から守る条例」を施行しました。

東京都子どもを受動喫煙から守る条例

施設の管理者が、自施設において、必要な受動喫煙対策ができるよう条例や改正法のポイントを、施設種別ごとにまとめた「施設管理者向けハンドブック」を作成しました。

施設管理者向けハンドブック

2020年4月から、屋内に喫煙をすることができる場所を設ける際は、施設の管理権原者に、施設出入口への標識の掲示義務等が課される(都内飲食店については、禁煙の場合も標識の掲示義務があります)ため、標識(シール型)及び説明用パンフレットを作成しました。

店頭表示ステッカー

お問い合わせ

このページの担当は 多摩小平保健所 企画調整課 企画調整担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。