このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立多摩療育園

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立多摩療育園 の中の 多摩療育園の理念と運営方針 のページです。

本文ここから

多摩療育園の理念と運営方針

理念

多摩療育園は、個人の尊厳の保持を旨とし、障害児者が地域において心身ともに健やかに育成され、その有する能力を十分に発揮して自立した日常生活を営めるよう、医療と福祉の両面から支援します。

運営方針

1 4つの事業体系による療育支援
(1) 医療型児童発達支援
就学前の肢体不自由児、重症心身障害児、医療ケアの必要な障害児などが、健康を増進し発達と自立をめざして療育ができるよう、医療と福祉の両側面から支援します。
(2) 外来
心身障害児が在宅で療育できるよう、医療面から支援します。
(3) 地域療育等支援事業
地域の在宅心身障害児者及びその保護者に対する在宅支援、地域通園施設等への援助、外来における療育相談などを行います。
(4)保健所等訪問支援事業
障害児施設で指導経験のある職員が保育所などを訪問し、障害児や訪問先の担当者に対し、障害児が集団生活に適応するための専門的な支援を行います。
2 利用者本位のサービスの提供と安全確保
(1) 「障害児施設サービス評価基準」に基づく自己点検を定期的に行うとともに、第三者評価を積極的に受診し、療育サービスの質の向上を図ります。
(2) 利用者の権利を擁護するとともに、プライバシー保護に配慮した療育・医療を実践します。
(3) 医師・看護師・保育士・指導員・医療ソーシャルワーカー(MSW)・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・心理・栄養士などの職員が互いに連携し、利用者と家族に信頼され、安心していただける質の高い療育を支援します。また、自らの専門的技術の研鑽に努力します。
(4) 地域の医療、保健、福祉、教育機関との連携を重視します。また、近在する多摩メディカルキャンパス内の都立医療機関と連携して、当園の医療の質を高めていきます。
(5) 施設・設備の構造や機能を定期的に点検・改善して、利用者・家族・職員の日常的な生活行動における危険を取り除き、安全の確保を図ります。

お問い合わせ

このページの担当は 多摩療育園 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る