このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
東京都福祉保健局 東京都立多摩療育園

サイトメニューここまで
現在のページ 東京都福祉保健局 の中の 東京都立多摩療育園 の中の 通園部門のご案内 のページです。

本文ここから

通園部門のご案内

対象

肢体不自由児、重症心身障害児など、心身の発達の遅れや障害を持つお子さんの通園療育を行います。

通園療育の目的

心身に発達の遅れや障害を持つ学齢前のお子さんが、生活リズムや基本的生活習慣を身につけ体力作りをするとともに、遊びや指導を通して心身の発達を伸ばしていくことを目的としています。

保護者の方と一緒に通っていただき、お子さんと一緒に活動することにより、ご家庭と通園で一貫した療育となるように努めています。

通園療育の内容

療育の特色は、お子さんの年齢や障害の特性・状態・発達段階に合わせて一人ひとりが健康で、楽しく、持っている力を充分に発揮していけるような内容のプログラムを組んでいることです。

 そのために、保育士、児童指導員、栄養士、調理師などの通園スタッフが、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)、心理指導員、看護師、医師などの医療・リハビリテーションスタッフと連携を取りながら総合的な療育を提供しております。

また、ご家族向けに育児や発達、福祉制度などに関する情報提供や勉強会も行っていきます。親子で一緒に遊びを楽しむことにより、お子さんに安心感を持っていただきます。そして、お友だちとの関係の中で、徐々に保護者から離れ、精神的自立をめざしていきます。

内容 (プログラム)

保育:   集団での遊び(運動遊び、感触遊び、音楽遊び等)

健康管理: 医師の診察、検査、看護師による健康チェック等

機能訓練: 理学療法、作業療法

各種指導: 言語指導、心理指導

摂食指導

年間行事

入園式、遠足(春・秋)、家族参観、夏まつり、運動会、おたのしみ会、もちつき、ひなまつり、卒園式など

通園方法

親子通園を基本とします。
単独通園制度やサポート制度による単独通園も行っています。
当園の最寄り駅までタクシーによる送迎があります。

担当職員

保育士、指導員、看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、心理指導員、栄養士、調理師、医療ソーシャルワーカー、医師、音楽療法士等

費用

通園の費用は、障害児通所給付費及び肢体不自由児通所医療費でまかなわれます。
原則として、それぞれ1割の自己負担と給食費をお支払いいただきます。

その他

外来診療も受けられます。

通園ご希望の方へ

通園ご希望の方は、医療ソーシャルワーカーにご相談ください。

お問い合わせ

このページの担当は 多摩療育園 庶務担当 です。

本文ここまで


以下 奥付けです。
このページのトップに戻る

東京都福祉保健局 〒163-8001 東京都新宿区西新宿二丁目8番1号
Copyright (c) Bureau of Social Welfare and Public Health, Tokyo Metropolitan Government. All rights reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る